ピクシブ百科事典

さなすみ

さなすみ

さなすみとは、東方Projectに登場する東風谷早苗と宇佐見菫子の二人による二次創作カップリングである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する東風谷早苗宇佐見菫子のカップリング。
早苗は『東方風神録』、菫子は『東方深秘録』に初登場した。

早苗は『風神録』以前に守矢神社とともに外の世界から幻想郷へと「 引っ越し 」してきた身であり、菫子は『深秘録』において外の世界に所在しつつ幻想郷へと介入した。両者はそれぞれの形で近年の外の世界を体験したりそこに住まうものであったりするのである。

2015年11月現在では両者は出会っていないが、二人にまつわる二次創作などでは互いの今の想いや外の世界を通した共通点などを通して二人の様々な交流が想像されている。

『深秘録』と『紺珠伝』

『深秘録』以降菫子は夢を通して幻想郷へとやってくる道を拓いたが、『深秘録』以後の時間軸である『東方紺珠伝』において早苗は同時期に妖怪の山に降りてきていた月の勢力の足取りをたどって夢の世界を通過しつつ月の都へと向かっている。

月の都はその力を具現化するものとして菫子が『深秘録』で使用したオカルトボールのひとつとしても紛れ込んでおり、『深秘録』時点では最も異質なオカルトボールであった。
そして早苗らが問題の解決に挑んだ『紺珠伝』において『深秘録』や『紺珠伝』、あるいはそれ以前から発生していた月の都を巡る問題とそれにともなうオカルトボールの意味と由来とが語られた。

菫子が今日では早苗も住まう地である幻想郷へと挑んだ『深秘録』はその物語に多くの謎を残すものとなったが、続く『紺珠伝』において早苗もまた月の都の騒乱に触れたことで菫子が図らずも関わった月の都の問題に関連することとなったのである。

「人間」と他者との交流

早苗は人間にして神格を備えた「現人神」であり、菫子は外の世界の人間である。
先述の現在時点では早苗が外の世界にいた頃の様子は多くは語られていないが、幻想郷にやってきて以降の『東方星蓮船』や『東方神霊廟』の時点では早苗は人間の話し相手を欲している。
自身が風祝を務める守矢の神々はともかく守矢神社が所在する妖怪の山の立地と閉鎖した社会環境もあってか付き合いのある存在が悉く神様や妖怪であり、いざ麓まで降りてもそこでの人間は「 妖怪染みた人間ばかり 」という状況である。
突出した特殊ぞろいの幻想郷にあって、何気なく交流できる友達を求めているのかもしれない

一方の菫子は『深秘録』時点まで他者を拒否していた。
しかし『深秘録』での様々な出会いを通して「 友達を作るのも悪くない 」と思うようになり、対人関係にも拓かれようとする心境の変化を得た。以後は幻想郷にやってきて人々とも交流している様子である。

早苗と菫子はそれぞれの経緯や理由から今日では気の置けない他者との交流を求めている様子が見られるのである。

二次創作では

先述の通り、早苗は近年幻想郷へと訪れた者であり、菫子は外の世界に住まいつつ幻想郷を訪れている。
同現在時点では原作では早苗が外の世界にいたころの様子についてその詳細は語られていないが、二次創作などでは得てして菫子との出会いはジェネレーションギャップとの出会いと想像される事も多い。例えば『深秘録』において菫子はスマートフォンやタブレットなどの様々な機器を弾幕にも応用したが、早苗にとってこれらの機器が新鮮に映るなどの様子などがある。
またそれぞれ二次創作的なアプローチであるが早苗の元の居住地と菫子の現所在地のギャップがネタとなることもある。

いずれのギャップがあろうとも先述の通り早苗と菫子はそれぞれの形で友達を求めあう心理があるため、その交流にかかる心の垣根も比較的フランクなのではと想像される事もある。

ただしその交流そのものの姿は様々であり、例えばここしばらく他者を拒否し続けた事でまだ人慣れしていない菫子に対して「 少々惚けた所もある 」(『星蓮船』、『神霊廟』)というマイペースな早苗がその人恋しさや外の世界の懐かしさも相まって輝くような笑顔で食い入るように言葉のラッシュをかける事で菫子が圧倒されるという様子も想像されている。

また両者が決して快くない出会いを果たすという想像もあり、例えば早苗が強い決意を持って幻想郷へと至ったという前提をもつ作風などでは気軽に幻想郷と外の世界を行き来する菫子について早苗が複雑な思いを抱くというものもあり、それが両者のすれ違いに至る、というアプローチもある。

しかしながら早苗の激しくも明るく前向きでマイペースなパーソナリティは菫子に対してもフランクに向かい、菫子もまた当初こそ圧倒されるもその明るさに開いていくというのも「さなすみ」の在り方の一つである。
互いの性格の方向性の違いがそれぞれの癒しになったり活力になったりするのかもしれない。

「さなすみ」では、『風神録』での騒動以後、幻想郷に馴染み守矢を盛りたてるべく様々に奮闘する早苗であるが、ふとこの地に訪れた懐かしい外の世界の風を纏う菫子に多大な興味を惹かれる様子が様々に想像されているのである。

また二人はそれぞれ「奇跡を起こす程度の能力」、「超能力を操る程度の能力」など特別な能力をもち、時に幻想郷という土地だからこそ出来るいわば現地ならではの遊びである弾幕ごっこを通して交流するという展開もあり、その際にはそれぞれが作中で見せたようなまっすぐな熱さも垣間見られるものとなっている。

pixivでは

pixivでは早苗と菫子に関連しては本タグのほか片仮名表記による「サナスミ」のタグも用いられており、どちらか一方だけが使用されている作品もある。
早苗と菫子のカップリングを広く求める際は両者を併記した語を用いる事も有用である。
それぞれが示すところについてはカップリング名に見る前後(左右)の順が同一であるため、意図するところも同一であると思われる。


関連タグ

東方Project
東風谷早苗 宇佐見菫子

東方Project(二次創作)
東方Projectのカップリング一覧
サナスミ

pixivに投稿された作品 pixivで「さなすみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69284

コメント