ピクシブ百科事典

弾幕ごっこ

だんまくごっこ

『東方Project』における、スペルカードを使った戦い。
目次[非表示]

概要

ルールの無い世界では弾幕はナンセンスであるグリモワールオブマリサ

「人間でも様と同等の強さを発揮できる」決闘。妖怪の争いが幻想郷の平和を壊さないよう作られた。スペルカードという契約書に則って行われる。

 でも結構ね……結構ぬんだよね。
 当たり所によっては相殺されるけれども。実はかするくらいで済む……
 まあね、当たれば死ぬけどね(会場笑)
 弾幕ごっことかいってるけど……死ぬよ?(会場笑 
 無邪気って本当は残酷だから。
 (講演「東方の夜明け」

少女と弾幕

Q.「香霖堂」男性キャラが普通に登場する事が何気に一番衝撃なのですが
A.戦闘ではなく日常生活を表現したいとなった場合、今度は男や大人が居ないのは凄く不自然です。
  香霖堂は戦闘ではなく、彼女たちのまったり生活の話なので、女の子だけって訳にはいきません。

常識と弾幕

Q.ちょっと疑問なんですがレミリアと霊夢も遊びだったんですか?(^^;
A.本気で戦闘はしますが、本気で勝とう、もしくは勝たなければ、と言った真剣さは余りありません。
  だから、戦闘終了後にもその戦闘のしこりを残したりはしません。(素敵です)

  結界とは、洗練された現在の常識と、常識のために切り捨てた文化との差です。
  (だから弾幕なのか?(笑))
  (幻想掲示板2003年7月~12月

弾幕の音

Q.「東方シリーズ」の音声は?
A.音声は脳内補完で楽しめます。というか、脳内補完で人生バラ色。
  私は、自キャラもボスもプレイヤーには聞こえない程度で叫んでいて、
  弾幕にかき消されてると想像しています。
  (幻想掲示板2002年7月~12月

  弾幕や音楽、背景、敵配置等全てがキャラクタの
  性格背景を物語る様に努力をしています。本当に重要な事は口に出したりしないんですよ^^;
  (幻想掲示板2004年1月~4月

原案

稗田阿求が手に入れた文書。阿求は「これは誰が書いたのだろう」と述べており、著者は不明。
命名決闘法案
妖怪同士の決闘は小さな幻想郷崩壊の恐れがある。
だが、決闘の無い生活は妖怪の力を失ってしまう。
そこで次の契約で決闘を許可したい。
理念
一つ、妖怪が異変を起こし易くする。
一つ、人間が異変を解決し易くする。
一つ、完全な実力主義を否定する。
一つ、美しさ思念に勝る物は無し。
法案
・決闘の美しさに名前と意味を持たせる。
・開始前に命名決闘の回数を提示する。
体力に任せて攻撃を繰り返してはいけない。
・意味の無い攻撃はしてはいけない。
意味がそのままとなる。
・命名決闘で敗れた場合は、余力があっても負けを認める。
勝っても人間を殺さない。
・決闘の命名を契約書と同じ形式でに記す。
それにより上記規則は絶対となる。
この紙をスペルカードと呼ぶ。
具体的な決闘方法は後日、巫女と話し合う。

関連タグ

東方Project スペルカード 花火
遊び 平和 危険

pixivに投稿された作品 pixivで「弾幕ごっこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224513

コメント