ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要

竈門炭治郎の先祖・炭吉すやこの娘。

二人がに襲われ、継国縁壱に助けられた後に誕生した。すなわち縁壱がいなければ生まれていなかったと言える。


二年後、縁壱が再び竈門家を訪れ、別れを告げて旅立たんとした際に、白と鴇色のニチニチソウを手渡した(花言葉は前者が『生涯の友情、後者が『優しい追憶)。


妻子を失い、兄が鬼となり、鬼殺隊からも追放され心身ともに疲れ果てていた縁壱は竈門家で炭吉に頼まれすみれをあやす。すみれを抱っこした際、無邪気に微笑む赤子の笑顔を見て様々な感情が溢れ出した縁壱は折れかけていた心が救われることになる。


関連タグ

鬼滅の刃 炭吉 すやこ 継国縁壱 竈門炭治郎 竈門家

関連記事

親記事

竈門家 かまどけ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました