ピクシブ百科事典

本来は『魔法少女リリカルなのはA's』劇中で八神はやて闇の書の意思リインフォース)に向けて語った台詞である。
身寄りもなく両足に原因不明の障害を負って車椅子での生活を余儀なくされたはやてに与えられた「の中で生きる事で、望んでいた幸せな生活を送る事ができる」という希望に対し、それが苦境であってもあくまで現実」を生き、そして「現実」の友達を救おうとする覚悟を表した名台詞である。
なお、『A's』屈指の名台詞として挙げるファンも多いが、『劇場版2nd A's』ではカットされてしまった。
理由は不明である。(参考にしかならないが、記事編集者の知人は「なのはが頑張って目覚めさせた事を強調するためでは無いか?」と考察していた)

pixivのタグとしてははやてに限らず関西弁キャラの夢オチ全般で使用される。

関連イラスト

タレ耳親衛隊長さん(増量)


センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

リリカルなのは 八神はやて リインフォース(アインス)
夢オチ という夢を見たんだ 儚い夢 ところがどっこい 現実は非情である

関連記事

親記事

八神はやて やがみはやて

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「せやけどそれはただの夢や」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5528823

コメント