ピクシブ百科事典

ふかづめ竜子

ふかづめりゅうこ

ふかづめ竜子とは、「クレヨンしんちゃん」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:伊倉一恵

ふかづめ竜子こと本名桶川竜子は、埼玉紅さそり隊という1960~80年代のようなレトロスケバングループのリーダーで、高校3年生で17歳の少女である。

代々スケバンをやっている家系で、家は厳しいらしく母親を「お母様」と呼んでおり、自身の部屋も非常に可愛らしいものである。不良少女としての素質はなく、むしろお笑い芸人の素質があり、野原しんのすけからはお笑い芸人扱いされ「師匠」と呼ばれている。
しんのすけが言いふらしたせいで、野原みさえや幼稚園の友達からもお笑い芸人だと思われており、回(アニメ「女子高を見学するゾ」など)によってはお笑い芸人の部分を否定する事すら放棄してしまっている。

本人もお笑い系であることを少なからず自覚しており、「夢のコント祭り」では、
夢の中で、本当にお笑い路線で入った紅さそり隊だが、プロデューサー(しんのすけ)により解散に陥り、竜子だけでも「埼玉紅さそり隊」と名乗ろうとするも客からはブーイングの嵐にのまれてしまい、泣きながら「お笑いトップを目指してやるぜ~」と寝言を言った。

男子高校生の鞄が当たった老婆を助けたり、決闘を申し込んだ女子高生の母親が交通事故に遭ったときにはアルバイトをしてお見舞い金を贈ったり、母親と喧嘩して不良になろうとした風間を密かに諭すなど情に厚い一面も多々ある。

紅さそり隊は恋愛禁止であるが、野原ひろしに対して好意を持ったり、武蔵野剣太に好意を寄せたりしたこともあり、魚の目お銀ふきでものマリーからは「リーダーの悪いクセ」と惚れっぽいことを指摘されている。連載初期にはイケメンの男子生徒に惚れていたが、女をとっかえひっかえしていた上に老婆を転ばせても知らん顔していたクズだったので鉄拳制裁をお見舞いしている。

同性から友情以上の好意を向けられることも多く、(擦れ違った際に寒気を感じたので)敵と思いこんでいた少女からラブレターを渡されそうになったり、学園祭のために番長のコスプレをして女性客から黄色い声援をあびたこともある。ただラブレター少女に迫られた時の態度からそっちの気はないようである(「ひいい~だから寒気を感じたのか!」と言って逃げている)。

不良ぶっているが、ミーハーで少女趣味な面がありセーラームーンおパンツを穿いてたりもする。連載初期にはコスプレまでしていた。それをしんのすけに見られたためいいなりになるというオチもあった。

一度しんのすけのことでみさえに苦情を入れに行ったが、しんのすけを叱るみさえの迫力に気圧されて何も言えなかった。この設定が反映されてか、アニオリ回でもみさえに対しては腰が低く礼儀正しく接している(多少の愚痴は独白するが)。

他のグループと決闘することもあるが、殆どはしんのすけのせいで取りやめになっており実力は長らく未知数だった。後に敵対グループのスケバンと一騎討ちを演じ、形勢不利だったもののしんのすけのおバカで相手に隙が生まれ、それを突くことで勝利した。


関連イラスト

今日からあたいらは、埼玉紅さそり隊だ!
ひろしLOVE之助師匠~!



関連タグ

クレヨンしんちゃん 桶川竜子 埼玉紅さそり隊 魚の目お銀 ふきでものマリー お笑い芸人 野原しんのすけ スケバン 時代錯誤 愛すべき馬鹿

関連記事

親記事

埼玉紅さそり隊 さいたまべにさそりたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ふかづめ竜子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 768408

コメント