ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  • フレーバーテキスト

闇SSR
闇を切り裂く黒き風は人間に誇りを奪われた。
奴隷に墜ちた同胞を解き放つため、白布に身を包み反逆の翼を広げる。
そして人々を恐怖に巻き込む血煙の嵐となった。
ハロウィン
悪魔の衣を纏い、地獄から現れる堕天司は、伝承を信じ仄暗き井戸を探し求めん。
同胞との邂逅を願い、人間の行事に懸けるその想いは、饗宴に躍る子供達にも伝播し寵児となろう。

レアリティSSR/ハロウィン
属性闇/火(ハロウィン)
種族星晶獣
タイプ攻撃
武器短剣・格闘(通常)/短剣・槍(ハロウィン)
年齢不明
身長187cm
趣味不明
好き不明
苦手不明
CV森田成一

概要

ケルベロスルシフェルアーミラを始めとした他の神バハキャラ同様に彼もお空の世界にやってきた。

こちらでは堕天した悪魔もとい魔族ではなく、「自分のことを’’魔族’’と思い込んでいる記憶を無くした星晶獣」という設定に変更されている。(恐らくグラブルの世界では天使が「天司」という星晶獣扱いになっているため、ルシフェル同様このような種族変更が行われた可能性が高い。)
後にフェイトエピソードにて断片的にだが「かつてはあの方に仕えていたが、何者かに唆されて反旗を翻した後パンデモニウムに封じられた天司」という記憶を思い出し、その事を主人公達に隠しつつ密かに同胞を集めて報復を与えるという野望の本仲間に加わる。
しかし、今現在「あの方」との関係はもちろんの事、後に登場したとのかかわりを匂わせる様なものは一切無い。
その後グラブル5周年イベント「000」にてサンダルフォンが夢で見たルシフェルの記憶の中にて登場。一応の付箋は回収された。

2020年10月17日に実装されたハロウィン版では、祭りに興味すらないような彼がシェロカルテのある話をきっかけに、まさかの行動を起こす。実装当日の体験版ストーリー及び『ぐらぶるっ!』でも発注した衣装は目撃可能だが……別の意味でも出オチ要因というかコメディリリーフと化している。

性能

攻撃タイプのSSRとして登場。二つ名は通常版「漆黒のリベリオン」、ハロウィン「地獄からの使者

奥義アビリティサポートアビリティ
SSRスケープゴートマーシレスドゥーム/タナトスゲイン/マリスウィング不遜なる翼/叛逆の業火
ハロウィンSSRグリゴリズ・インフェルノダークドミネイター/フィールズ・オブ・ディスペアー/シャドウクローク悪い子はいないかァ!?/俺が怖くない、とでも言うのか……?

通常SSR

敵に状態異常「暗闇」と「毒」が掛かるかどうかで戦闘力がガラリと変わるキャラ。暗闇状態の敵に対して回避率がアップし、毒状態の敵に対して100%でクリティカル攻撃が発動する。そして両方掛かってる場合、奥義ダメージと上限にそれぞれ40%と80%の上昇補正が掛かり、更にクリティカルなどを上乗せすると一発でマグナレベルの敵を大破させることも可能。ただしマリスウィングには光属性防御ダウンの効果もあり、奥義で1回幻影が付けるとは言えやはり安心できないので殺られる前に殺るしかない。

ハロウィンSSR

火属性に属性が変更、敵に恐怖デバフの有無で出来ることに変化があることが特徴。一応だが2アビで恐怖状態の付与は可能。恐怖状態の敵がいれば、8割追撃や2アビの火力が上昇するなどの攻撃性能が上がる。恐怖状態の敵がいない場合は1アビの強化が全体化、火属性攻撃の累積アップといったことが可能。それでも、恐怖状態を付与できる他キャラとの連携が必須かもしれない。

後にハロウィン版実装を受けて、2020年10月のプレミアムフライデーイベントに登場。ダヌアウーフとレニーに対して……。

詳細は続報を待て。

2022年ホワイトデー

ガイゼンボーガと共に『悪魔戦車』としてお笑い大会に参戦する。しかし、ガイゼンボーガがネタを忘れてしまい、そこでアザゼルがとった行動は…。

関連タグ

神撃のバハムート グランブルーファンタジー

堕天司

ミュオン:グラブルにおける中の人繋がり。

アザゼル(神撃のバハムート)

アーミラ:こちらもグラブルで季節限定SSR(水着)が実装された。

ガイゼンボーガ:2022年のホワイトデーイベントで邂逅する。

関連記事

親記事

堕天司 だてんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アザゼル(グラブル)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アザゼル(グラブル)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77686

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました