ピクシブ百科事典

アルテミシア・ベル・アシュクロフト

あるてみしあべるあしゅくろふと

アルテミシア・ベル・アシュクロフトとはデート・ア・ライブの登場人物の一人。世界最強格の魔術師の一人でもある。
目次[非表示]

「でももし私の仲間を傷つけるような事があれば……私はあなたを許さない……!!」

※デート・ア・ストライクのネタバレが含まれます。閲覧にはご注意ください。

概要

世界最高峰の魔術師の一人にしてデート・ア・ライブのスピンオフ作品『デート・ア・ストライク』のキーパーソン。18歳。
その名前だけは本編の5巻ではウェストコットから世界最強の魔術師の一人として挙げられているが未だに本編には未登場。

イギリスのASTであるSSS(Special Sorcery Service)に所属する世界最強格の魔術師の一人ではあるが、温和な性格で仲間思い。SSSを爪弾きされていたセシルレオノーラアシュリーたちの面倒を見ていた。

平和な世界を求めて、そのための力を得んがためにDEM社に向かった。
だが、裏でウェストコットを引き落とすべく新型顕現装置の開発進めていたエドガーとアルテミシアに異常な執着を抱いたミネルヴァの策謀によって、脳の情報を取り出されてしまい植物人間同然となってしまったことが『ストライク』の物語の実質的な発端となっている。

『ストライク』の中心となるCR-ユニット〈アシュクロフト〉は彼女の脳から取り出された情報が封入されており、〈アシュクロフト〉5機のうちの1機「チェシャー・キャット」には彼女の意識が明確な形で残っており美紀江を随所でサポートした。

〈アシュクロフト〉の争乱の末に〈アシュクロフト〉全機が破壊されたが美紀江の随意領域によって彼女の脳内情報を入れていたメモリが保護されていたために植物状態から復帰した。だが、その状態が影響したからかリハビリを続け、美紀江と再び会うことを待っている。

エレンとウェストコットはアデプタス・ナンバーに引き入れたがっているが、半年以上にも渡って未だにリハビリが続いており、折紙の一件の時点ではまだ復帰できていない。
現時点で折紙がとんでもない事態に陥ってしまったことから、彼女がリハビリから復帰して他の三人の謹慎が解けて来日する頃には間違いなく混乱した事態に陥ることと予想される。

その能力の一端としては彼女の脳の情報が分散封入されていた〈アシュクロフト〉4機が彼女の怒りによって融合したアシュクロフト集合体が遊園地を一瞬で破壊したことから明らかで人類最強格の一人と言うに相応しい一端を表している。

改造されている真那やまともな人間であるかすら疑わしいエレンを除外すれば、おそらくまともな意味での人間では最強と思われる。

力を求めるあまり、とんでもないことになってしまった所は折紙に共通する部分が有る。

また、SSSを爪弾きされていたセシル、レオノーラ、アシュリーの3人にとっては掛け替えのない存在であることや彼女が「精霊への復讐心で濁り、孤独であった自分の心に光を与えれくれた」というセシルのセリフから、アルテミシアはこの物語におけるもう一人の五河士道とも捉えることの出来る人物であることが窺い知れる。

























本編でのネタバレ

デート・ア・ライブ13巻では、ウェスコットの部下の1人として登場。

正確には12巻から登場してはいるが、その際は名前は伏せられており、ただコードサイン“アデプタス2”の名称でしか呼ばれていなかった。

真那曰はく「彼女がDEM社に参加していたら自分のコードサインは1つ下だった」といい戦慄していたことからも分かる通りその実力は凄まじく、劇中では分身体とはいえ狂三を一瞬で屠るなどの力の鱗片を垣間見せていた。

なお、洗脳でも施されているのかデート・ア・ストライク本編で見せた温かみのある人柄ではなく、何のためらいもなく反転体と化していた二亜に瀕死の重傷を負わせて“反霊結晶”を奪い取るなど冷鉄な性格に変貌しているかのような場面が目立ち、明らかに以前とは全く異なる人物へと変貌している。

歴史の改変の影響により上記の事件がなくなった可能性もあるが、彼女に出会ったことのある歴史改変前の記憶を持つ折紙はともかく、歴史改変後の世界の記憶しか持たないはずの真那が「彼女はDEM社に協力するような人物ではない」と言い切り疑念を抱いていることから、その可能性は完全に否定されている。

その為、2人の話を聞いた琴理はその背後にはDEM社がなんらかの形で関わっていると推測しているが…?

ちなみにウェストコットに呼び出された際にエレベーターが故障していたため、階段で30階の社長室へと向かう羽目になり、それが原因で僅か4階あたりでヘバってしまったポンコ…もとい完全無欠な地上最強の魔術師エレン・M・メイザースお姫様抱っこで息切れもせずに担いで社長室へと運んだり、部屋に入る前に彼女の着ているスーツの埃をはたいて落とすなど(一応)相も変わらず面倒見の良い部分も見せているため、完全に人格そのものが変貌している訳ではないようだが?
折紙と交戦した際、折紙と面識があるはずなのに全く知らないかのような言動をし、さらには本来所属していたはずのSSSのことすら忘れているような言動をしていた。この言動から察するにDEM社に記憶をいじられたために折紙とSSSのことを記憶から消し去られて冷酷な状態へと変貌させられたかと思われる。

そして16巻においてエレンの独白から記憶処理が施され、記憶の改竄が行われていたことが発覚。
ウェストコットの命を受け、エレンと共に士道抹殺の任務遂行を任される。

17巻における総力戦に参加し、折紙と一進一退の激しい攻防戦を繰り広げるが、折紙の説得を受てやって来たASTのメンバーと折紙によって生じた僅かな隙を突かれて六喰の<封解主>小鍵(テフェテー)によって封じられていた記憶を復活させられた。

関連タグ

デート・ア・ライブ スピンオフ アシュクロフト集合体

コメント