ピクシブ百科事典

アレクソルニス

あれくそるにす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた古代の鳥類の一種である。
目次[非表示]

概要

学名はAlexornis(ギリシア語で「アレクサンダーの鳥」の意)。

特徴

大きさはスズメより少し大きいくらいである。白亜紀後期のエナンティオルニス類を持つ鳥類で、身体は小さいが知能は高かったと思われる。角竜類ハドロサウルス科らの草食恐竜にとって迷惑なダニ昆虫等の寄生虫を食べる代わりに、安全な場所を提供してもらう共生関係にあったかもしれない。赤い頭頂部と長い尾羽は、を示したらしい。

関連タグ

鳥類 古生物 アーケオプテリクス始祖鳥
コンフキウソルニス孔子鳥

コメント