ピクシブ百科事典

アンネの日記

あんねのにっき

アンネの日記はアンネという人物が記述した日記および日記文学、日本ではアンネ・フランクによるものが知られる。
目次[非表示]

この項目ではアンネ・フランクによる日記文学に関して記述する。

成り立ち

 当時のオランダナチスドイツ占領を受けており、彼らの持つ選民思想によりユダヤ人虐待に近い差別を受けるようになった。
 ドイツ系ユダヤ人であるアンネ・フランクの一族はドイツフランクフルトから逃れアムステルダムで事業を行っていたが、占領のため各種制限を受け続けており、海外への逃亡を考えていた。しかしそれは成功せず、1942年には強制収容所への収容が始まったとされる。そのため、一家は「隠れ家」に避難し、やり過ごすこととした。また、他のユダヤ人もその隠れ家に入り、合計8名の避難生活が行われた。そして彼女はオランダ語で日記をつけていた。
 またアンネ・フランクは日記を公開前提で清書しており、1944年3月までは作業は終了していたとされる。
 ところが、1944年の8月、密告により「隠れ家」の存在が明らかとなり、保安警察親衛隊員に8名および協力者男性2名が逮捕、連行される。
 日記は「隠れ家」に残され、一部散逸( オリジナルの日記の2冊目など )したものの、すべては散逸せず、協力者女性の手に渡る。
 第二次世界大戦のヨーロッパ戦線の終了後、アンネ・フランクの死亡が確認されたため、その日記は彼女の父でありアウシュヴィッツ収容所に送られたものの生き残ったオットー・ハインリッヒ・フランクの手に渡った。
 このとき存在したものは日記の原本である手帳ノート、清書された「ばらの用紙327枚」であったといわれる。
 この清書したものを基にして修正を行い、ドイツ語に翻訳し、私家版として彼の親類や友人などに配布したところ、出版を勧められた。
 さらに出版の際一部の記述、たとえば他者への辛らつな批判や性的な内容などの書き換えが行われ、オランダ語で出版された。

内容

 内容は1942年の「隠れ家」への避難前である6月から保安警察に逮捕される前の1944年8月までの生活などを虚実交えてつづったものである。
 この日記公開を前提としており、「隠れ家」の他者は偽名となっている。
 また、当初削除された一部の記述は復元されているものも存在する。
 この文学の内容に関してはホロコースト否定論者やネオナチなどより偽造や過度の改変などの可能性が指摘されているが、科学的な調査などでは疑わしい点は発見されておらず、一部現存する原本からも過度の改変は認められていない。
 また、関係者の証言などからこの人物自体の存在は明らかである。

派生

 この作品は複数回映画化されている。また、戯曲などにもされているといわれる。

著作権

 この作品の著作権は日記の著者であるアンネ・フランクのほかに日記を編集した1980年に死亡した父のオットー・フランクが所有するという扱いになっている。
 そのため、ヨーロッパでは2050年まで著作権が消滅しないことに注意してもらいたい。なおアメリカ合衆国においては出版の95年後、すなわち1952年に95年加算され2047年に著作権が消滅する。

関連項目

アンネ・フランク 日記

参照

wikipedia:同項目およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「アンネの日記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1003

コメント