ピクシブ百科事典

ウルボーグ

うるぼーぐ

ウルボーグとは、「爆転シュートベイブレード」のキャラクターであり、シリーズ機種である。
目次[非表示]

概要

CV:なし(サウンドエフェクト)

爆転シュートベイブレード』のユーリ・イヴァーノフが使用するベイの聖獣であり、シリーズ機種である。
モチーフは白い狼をイメージした銀狼。英語表記は『wolborg』。

玩具では四聖獣を除き、ライバルの中で最も人気を誇った機種となっており、一部の機種を除いて工業製品のベアリングを内蔵したパーツが搭載されていて、内蔵したベアリングのパーツによって脅威の持久性能を実現して、シュートの強さなどにより10分以上長く回ることが可能である。ベアリング内臓のパーツは後のシリーズに受け継がれた。
ウルボーグの性能があまりにも強すぎたことにより、公式大会では多くの出場者はウルボーグ(一部のパーツ)を使用していたことに続出した。

登場した機種

玩具の性能、漫画・アニメの登場の人気により、派生機種を含めて多くの機種が発売された。
一部を除き、タイプは基本的に右回転の持久型で、銀狼をモチーフにしている。

  • ウルボーグ
初代ウルボーグ。
軸先と一体化した専用のスピンギアの中にベアリングを内蔵したことにより、脅威の持久力を実現した。
ベアリング内臓のスピンギアは初代専用のブレードベースしか組み立てることができないため、回転方向しか変更できない。

  • ウルボーグ2
初代の後継機として誕生した2代目ウルボーグ。
アタックリングは3枚刃となったが、アッパー性能を持って攻撃力が上がった。初代と同じく、軸先と一体化した専用のスピンギアにはベアリングを内蔵していることに加え、軸先がグリップ素材になったことにより、持久性能と防御性能を両立して強化された。
初代と同じく、ベアリング内臓のスピンギアとブレードベースは2専用になって、他のパーツとの組み合わせができず、回転方向しか変更できない。

  • ウルボーグ03(ゼロスリー)
3代目ウルボーグであるが、聖獣がアリエルになっているため、厳密にはウルボーグではない。アニメと漫画には登場しない。
03は打って変わって右回転の攻撃型になって、攻撃に特化したウルボーグとなっている。マグネシステムとなっており、内蔵されたマグネコアと設置したマグネブロックにより、変則的な軌道が可能。
3代目は通常販売されず、月刊コロコロコミック応募者全員サービスでのみ入手可能な限定ベイである。後にウルボーグと独立した後継機としてアリエル2がランダムブースターで登場した。

  • ウルボーグ4
4代目ウルボーグであり、アニメと漫画では3代目。
エンジンギアシステムになったことに伴い、初代と2に内蔵されていたベアリングのパーツが搭載されず、代わりに専用のエンジンギアとノーマルベースを搭載することにより、バトル中に相手のベイを接触することで持久力を回復する性能に変わった。特殊な性能であるため、扱うのが難しい4代目であった。
エンジンギアとノーマルベースは4専用となって、他のパーツとの組み合わせができず、初代と2と違って回転方向は右回転で固定されているため、左回転に変えることはできない。

  • ウルボーグMS(メタルサバイブ)
5代目ウルボーグであり、漫画では4代目。復刻を除いて、最後に登場したウルボーグである。
金属に特化したヘビィメタルシステムとなり、初代と2にあったベアリング内臓のパーツが復活し、ランニングコアにベアリングが内蔵されている。金属特化しつつ小型化したことと、ベアリングを再び内蔵したことにより、歴代で最も持久性能を誇る機種となっている。
ヘビィメタルシステムは両回転に対応しているため、パーツの組み換え無しで専用のシューターを使うことにより、任意に右回転と左回転を決めることが出来る。

  • ウルボーグ.8.Br(エイト・ベアリング)
6代目ウルボーグであり、漫画では5代目。ベイブレードバーストのバーストシステムを搭載して、復刻された初代である。
パーツ構成や性能などは初代を忠実に再現していて、初代と同じくベアリング内臓のベアリングドライバーが搭載されている。ただし、バーストシステムの構造上、回転方向はレイヤーごとに決まっているため、ウルボーグは右回転で固定されているため、左回転で回すことはできない。
超Zトリプルブースターセットに収録されているベイとして入手できる他、コロコロアニキの応募者全員サービスでは当時の懸賞品を再現した青狼Ver.を入手できる。

唯一の公式擬人化

ウルボーグの雪女


玩具とキャラで人気を誇るウルボーグですが、実はこのキャラには公式で擬人化されたことがある。
それは爆転世代のアニメ3作目の『爆転シュートベイブレード Gレボリューション』にて、ウルボーグ4の必殺技の「ノーヴァエ・ローグ」で、必殺技シーンの演出として数秒ほど擬人化して変身したウルボーグが登場していた。
その姿はFFシヴァのような雪女の姿をしていて、まさに美人である。ウルボーグの特徴的な額の冠は、(色が違うものの)擬人化した姿の額にもあることで、変身していることが分かる。

実は全世代を通して、(数秒ほどの登場とはいえ)公式で擬人化されたのは現時点でウルボーグだけで、全シリーズで唯一擬人化したキャラである。印象的であったのか、アニメ3作目の『Gレボリューション』の2代目EDテーマ一部の場面として使われた。

さらに詳しい詳細は雪女(ベイブレード)にて。

関連イラスト

銀狼
バイカル湖の兵士



関連タグ

爆転シュートベイブレード
ベイブレード
ユーリ・イヴァーノフ

関連記事

親記事

ユーリ・イヴァーノフ ゆーりいゔぁーのふ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルボーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6421

コメント