ピクシブ百科事典

エディ・カー

えでぃかー

映画・小説「ロストワールド/ジュラシック・パーク」の登場人物。
目次[非表示]

「子供を守ろうとしているだけだ」

演:リチャード・シフ
吹き替え:納谷六朗

概要

原作では野外装備の専門家であるジャック・ソーンの助手で機械のエキスパート。映画では野外フィールド装備の専門家でソーンと統合されている。


原作版『ロストワールド/ジュラシック・パーク』

ソーンの助手の勇敢な若者。機械のエキスパートでもある。勇敢で心優しい性格だが彼がTレックスの子供を助けたことで親のTレックスに襲われ、調査隊はトレーラーと装備を失うこととなる。レヴィンと二人の子供を守る為にヴェロキラプトルの群れと鉄パイプで戦うが高所から転落させられた上にラプトルに襲われて殺害される。遺体はラプトル間で奪い合いとなった。

映画版

ソーンと統合され頭の禿げ上がった中年男性として登場。元大学教授で野外装備の専門家でサラ・ハーディングを探す為に島に来たイアン・マルコム、ニック・ヴァン・オーエンと共にサイトBを訪れる。ティラノサウルスの夫婦により滑落させられそうになったトレーラーを救うためにメルセデスベンツMクラスによる必死の牽引を行っている最中に戻ってきたTレックスの夫婦に襲われ、車を破壊されてしまう。Tレックスに襲われながらなおも自分の命すらも顧みずアクセルを踏み続け牽引を続行するが、それが仇となり頼みのエアライフルをネットに引っ掛かって取れず、遂には車から引きずり出され、生きたまま二頭のTレックスに生きたまま食い千切られて捕食されてしまう。その死に様は他の調査隊は知ることがなかったが、メンバーで唯一マルコムはその死を追しんだ。武器としてボルトアクション式麻酔銃(ダットサイト装着)を装備している。これにはイモガイの毒を倍増した毒針が装備されており、エディ曰く「どんな猛獣でも一発ポコン。それまでだ」らしい。

なぜ人気なのが?

映画版の彼はハゲデブチビと三拍子揃った中年オヤジである。しかし、彼のサイトBでの行動、子供を守ろうとサラを襲うステゴサウルスを親をエアライフルで撃つのを躊躇う、自分の命と引き換えにしてでもマルコムらを救った行動により人気を得た。それ故に彼を残虐に死なせた映画自体の評価が低くなる結果となった。


備考

第三作目「ジュラシック・パークⅢ」のユデスキーは映画版の彼をモチーフにしている。

関連タグ

ジュラシック・パーク
アラン・グラント ティラノサウルス ヴェロキラプトル
教授 専門家 イモガイ

コメント