ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エヴォルカイザー・ラギア

えゔぉるかいざーらぎあ

炎属性・ドラゴン族のエクシーズモンスター。 「神の宣告」を内蔵したようなモンスター効果を持つ。
目次 [非表示]

概要

炎属性ドラゴン族エクシーズモンスター

恐竜族レベル4モンスター2体を素材にエクシーズ召喚できる。


カードテキスト

エクシーズ・効果モンスター

ランク4/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守2000

恐竜族レベル4モンスター×2

(1):このカードのX素材を2つ取り除き、以下の効果を発動できる。

●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。

その発動を無効にし破壊する。

●自分か相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。

それを無効にし、そのモンスターを破壊する。


解説

素材に縛りはついているものの、モンスターの反転召喚以外のほとんどの行為を無効化する、いわばモンスター版神の宣告と言える非常に強力な効果を持っている。

攻撃力も2400と上級モンスターの標準値をクリアしており、このカード以上の攻撃力を持つモンスターが特殊召喚されても効果で破壊できるので、場持ちはかなり良い。

このカードが存在するだけで、相手はこのカードの処理に頭を悩ませる事になるので、名実ともに恐竜族のエースモンスターであると言える。(ただし、このカード自体はドラゴン族なので注意が必要である)。


このカードはエヴォルドから進化したエヴォルダーの、いわば最終進化形態といえるモンスターである。爬虫類から恐竜を経て、最終的にドラゴンへ進化を遂げるということだろう。

が、実際はエヴォルよりも前に存在していたジュラックの方がこのカードを出しやすいというのが一般的な評価である。

同じ炎属性であるため共通のサポートを受けられ、なによりジュラック・グアイバの効果で簡単に恐竜族レベル4モンスターが並ぶからである。

また、レスキューラビットの効果でセイバーザウルスなどの恐竜族レベル4の通常モンスターを2体特殊召喚すれば、戦闘を行うまでもなくこのカードをエクシーズ召喚できる。

そのため、爬虫類ではなくから恐竜を経てドラゴンに進化しているのが現在のこのカードである。

同様にレベル4恐竜族モンスターで同名カードを複数体並べやすいハイドロゲドンもこのカードの登場時には大きく注目を集めた。


上記のレスキューラビットを利用して、このカードを手早くエクシーズ召喚するデッキ【兎ラギア】は、このカード自身の高い制圧力もあって一時期は環境トップに立っていた。

しかし、後に制限改訂でレスキューラビットが規制されてしまった事、多様化した環境の中でこのカードの制圧力が相対的に弱まった事などにより、現在は鳴りを潜めている。レスキューラビットが無制限となってからは出しやすくはなったが、このカード単体では妨害が追いつかない程に環境が変動したため、強いが環境上位に関わる程ではないという立ち位置に落ち着いた。


※勿論ベビケラサウルス+真竜皇が流行した際はこのカードも活躍した。


関連タグ

遊戯王OCG 炎属性 ドラゴン族 エヴォル エクシーズモンスター

関連記事

親記事

エヴォルカイザー えゔぉるかいざー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19176

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました