ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オエコモバ

おえこもば

『ジョジョの奇妙な冒険』第7部「スティール・ボール・ラン」に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

フゥ~~ 今すごく手に汗握っちゃったよなぁ~~~


概要

単行本4巻に登場。

ネアポリス王国のテロリスト。SBR開催の2年前に国王の暗殺を企てて馬車を爆破し、結果として暗殺自体は未遂に終わったものの、子供2人を含む5人を爆殺した。その後、拘束されて死刑判決を受けたが、獄中に持ち込んでいた少量の爆薬を看守の耳に流し込んで殺害し、脱獄した。


国王から恩赦を得るためにSBRに参加したジャイロの優勝を阻止するため、自らSBRに参加しジャイロの暗殺を企てる。なお、ジャイロの父親は彼の脱獄の責任を取って処刑人の任務を引退した。襲撃はジャイロ親子への個人的怨恨が動機で、大統領からの刺客という訳ではない様子(そもそも4巻時点ではまだ大統領が登場していない)。


特設の宿場町に到着後、ジャイロの動向を探るべく手紙を盗み読みしていた。背後からマウンテン・ティムに咎められるが、自分の皮膚を爆弾化させて部屋ごと彼を爆破した。直後に追いついてきたジョニィとジャイロの2人も、自身の能力で手玉に取り、ジャイロの決死の一投を喉に受けるが距離があったことでダメージが少なかったために逃走。


自身を追跡してくる2人に対しても、あらゆるものを爆弾化させる能力の特性を活かして蜂の群れや水、煙草の煙を差し向けて翻弄する。


だが、いつの間にかジャイロに蜘蛛の糸を馬に付けられており、その先に付いているモノから聞こえる音から、自分が爆弾化した蜂を利用して攻撃しようとしていると勘違いしてしまう。煙でよく見えなかったが、実際は付いていたのはジョニィの回転する爪であった。一瞬の当惑の隙を突かれて爪の回転を利用することで撃墜飛投距離を伸ばした2個の鉄球を顔面にぶち込まれ、敗北した。


スタンド「ボクのリズムを聴いてくれ

悪魔の手のひらを通過したことで発現したスタンド能力。詳細は個別記事へ。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スティール・ボール・ラン

ジャイロ・ツェペリ マウンテン・ティム

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107800

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました