ピクシブ百科事典

オオタカ(けものフレンズ)

おおたか

『けものフレンズ』に登場するタカのフレンズ。こちらでは「オオタカ」名義で登場してからの内容について記載。
目次[非表示]

概要

CV:白城なお(セガゲーム版)
演:宮本奈津美(3期舞台版)

けものフレンズに登場するタカの名称が変更されたもの。
デザインに変化は見られないが、本項では「オオタカ」名義で登場している作品について掲載。

NEXONアプリ版

「タカ」名義で登場していた。
詳細はタカ(けものフレンズ)を参照。

けもフレ図鑑

名前の表記がオオタカになったのはこの時が初。
デザインに大きな変化は見られない。

1期アニメ版

本編に直接登場はしていない。
しかし、月刊ニュータイプ2017年3月号の特集に掲載されたイラストに、彼女の姿が確認できる。

3期舞台版

トリのフレンズをまとめるリーダー格として君臨している。
空を飛べないヒクイドリを容赦なくメンバーから脱退させるなど一見すると冷徹な性格だが、その実はおひさまシステムが不具合を来している事で異常が発生しつつあるパークを元に戻そうと考えているため。
空を飛べるフレンズ達で構成されたチームを結成したのも、新たなエネルギー源として活用できる風車が山の上にあり、陸のフレンズ達では手が届かないと判断したためで、本人はパークのリーダーに君臨してやろうという意思は持っていない。
ヒクイドリを脱退させたのも、その実情を知られて心配させまいとする彼女なりの優しさによるもの。

ブシモアプリ版

2020年1月8日より観察可能になった。
NEXON版同様にクールな性格を気取っているが、他のフレンズ達と同じようにはしゃぎ回りたくなる茶目っ気のある一面も。

珍しい行動は「クールに行きましょう」。「クールな鳥型飛行機」で披露する。
オモチャの飛行機を空中で追尾した後、勢いよくキャッチして地上に着地する。

GOODROIDアプリ版

ユニットとして実装されているが、現時点でストーリーには絡んでいない。

レアリティ☆3で、動物グループは青。
得意地形は雲海・昼、苦手地形は雪原。
けもパワーは橙グループのフレンズへ与えるダメージアップ。
所有わざは3ターンの間味方全員のはやさを小アップする「クールスナイパー」。

セガゲーム版

アプリ版

性格はNEXON時代と変わらず、「何事もクールに」を信条に行動する。しかし、NEXON版における担当声優の斉藤佑圭とは声質が異なる白城なおが同役を演じた事で、落ち着いた雰囲気だった前者から一転して甲高く可愛らしい声になり、一部ファンからはクール(キュート)とネタにされる事も。

本作では探検隊とは別にパーク内の治安を維持する「警備隊」のメンバーになっており、ハクトウワシハシビロコウと共に「チームジャスティス」として活動していた。
しかし、元の動物の生態故か三人全員揃っての活動は稀。

メインシナリオでは4章より登場。
博士助手が探検隊に突如として課した特別な入隊テストの第三関門としてハシビロコウと共に登場する。
その内容は「アンインチホーで噂の怪物のフレンズを連れてこい」というもので、またしても無茶な内容だった為にライオンの提案で今回のテスト内容も「ちからくらべ一回勝利」に変更(ちなみに内容はハシビロコウが呆れて読み上げるのをやめた為、ちからくらべの後に判明する)。

一行がテストを乗り越えた後、博士と助手に言いくるめられたジャパリ団が夜陰に乗じてライオンを誘拐しようとして誤ってホワイトライオンを誘拐し、セルリアンが大量発生しているトンネルに迷い込んでしまう。
博士達から事の真相を聞かされてからは彼女達を救出すべく、他メンバーや探検隊と共にセルリアン撃退に加勢する。

後にメインシナリオ・シーズン2の0章にも姿を見せる。
直接登場した訳ではないが、カコがデータ資料を漁っている時に後述の体力測定の映像記録でオーロックスの筋トレに付き合っている様子をたまたま目撃する。

ゲーム内では2019年11月末のセルリアン大掃除イベント開催中に実装された限定しょうたいショップにて、アイテム交換で入手できた(ちなみに、メインシナリオ4章にて敵専用ユニットとして先行登場している)。
初期けも級は☆3。属性はラブリー。
とくせいによってくたくたへの耐性が高く、肝心な時にけものミラクルが撃てなくなるという不慮の事態を回避する事が可能。
また、とくいわざとけものミラクルはアクティブ属性相手だとダメージが増加するので、たいきスキルの発動と合わせて上手く使っていきたい。
2021年1月8日にはけも級の星6が追加。はなまるアニマルの面々が順当に星6追加された流れで
「次はハクトウワシが来る!」と予想していた多くの隊長さん達が驚愕する事になった。
なお、体力測定のストーリーによると、当初はオーロックスとハクトウワシの体力測定が実施されるはずだったのだが、探検隊の任務に関する急用でハクトウワシが来れなくなり、その報告をしに来たオオタカが急遽代打として参加…という事になった。
当のハクトウワシ本人の体力測定は来月に延期されたようだ。

2021年7月のファニー属性版参戦に伴い、8月にキセキとくせいが追加。
アクティブ属性相手なら与ダメージが実質30%増加し、たいきスキル発動で43%になる。
アクティブ属性に対して圧倒的な破壊力を見せつけてくれることだろう。

とくせいいつだってクールにくたくた耐性(高)増加
キセキとくせい大空は私のテリトリー!自身の与ダメージ15%増加&味方全体のアクティブ属性の敵への与ダメージ15%増加
たいきスキル能ある鷹2ターン与ダメージ13%増加&被ダメージ13%減少
とくいわざホーク・ショット敵単体に21%×5のダメージ+対象がアクティブ属性の場合、27%×5ダメージに変更
けものミラクルクールウィングブラスト敵単体に5回連続ダメージ+対象がアクティブ属性の場合、ダメージ増加



2021年7月のセルリアン大掃除イベント開催時には、別属性ユニットがハクトウワシと共に登場。
初期けも級は☆4。属性はファニー。
肩書きは【みんなでクールに】
とくせい冷静なまなざしファニー属性のからげんき耐性(高)増加&自身の与ダメージ8%、かいひ5%増加
キセキとくせいクールなハンター与ダメージ15%増加+たいりょく60%以上時、味方全体の与ダメージ10%増加・40%以下時、被ダメージ8%減少
たいきスキル私流の正義2ターン味方全体の被ダメージ5%減少&最もたいりょく割合の低い味方の被ダメージ10%減少
とくいわざホーク・アサルト敵単体に120%のダメージ&2ターン自身の攻撃命中率15%増加
けものミラクルクーレスト・ストーム・バースト敵単体に2連続大ダメージ+対象が状態異常にかかっている場合、追加で2連続中ダメージ

バグに関して

なお、ラブリー属性版実装初期に単体攻撃のはずのBeat攻撃とけものミラクルがなぜか隣にいる相手にもヒットするというバグがあった。
さらに2020/6/2のメンテナンス終了から数時間だけ、けものミラクルが相手単体に13999859%×5のダメージを与える(最大強化時)という、ブラックジャガーもびっくりの超絶火力になってしまうバグが発生。
属性相性が等倍or不利の相手に対して9999999×5ダメージを叩きつけるというすさまじい絵面でユーザーを困惑させることに…。(しかも、相性有利の相手に対しては等倍以下の相手よりも高い倍率のダメージを与えるはずが、そこの倍率はバグが発生しなかったため、相性有利な相手に与えるダメージだけ普通というなんとも言えない状態になっていた)
数時間後にこのバグは修正され、これを悪用して与ダメージでスコアを競う常設ステージ『シーサーバル道場』でオオタカを使って記録を残した隊長はスコアを0にする、使用していない隊長全員には最大報酬の倍のアイテムを配布する、という賢明な判断で詫びアイテムが配布される事になった。
更にはこのバグに関するファンアートも多数投稿される羽目に…

これに関してはオオタカは全く悪くない。

もう一度繰り返す。

オオタカは全く悪くない。


アーケード版

2020/10/30より開催された期間限定イベント「めざせイチバン!エアトライアル!」にて、ハクトウワシ(SSRバージョン)と共に先行登場した。

レアリティSSR
属性ゆうき
得意なエリアジャングル
元気な時間帯
けものミラクルクールウィングブラスト※

※アプリ版における追加ダメージ効果はカットされている

関連タグ

けものフレンズ ワシ(けものフレンズ)
タカ(けものフレンズ)
オオタカ

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オオタカ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 884069

コメント