2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

沖縄県のみに生息するカブトムシ亜種
オスは最大記録でも69.5mmヤマトカブト(と本土のカブトムシ)よりもやや小柄で、角が短いのが特徴。
なおメスは上翅に薄い筋が入る。
学名はTrypoxylus dichotomus takarai
亜種名は琉球大学の第8代学長である高良鉄夫氏へ献名したものである。

また、久米島にも小柄な亜種であるクメジマカブト(ssp.inchachina)が生息している。

近年、ヤマトとの交雑によって純血種が少なくなっており、遺伝子汚染が危惧されている。
カブトムシに限らずペットを野外に逃がすことはやめましょう

採集が禁止されているわけではないが、沖縄県の国立公園内では生き物全般の採集が禁止されているため注意捕まえると罰金です生物を守りましょう

甲虫王者ムシキングでのオキナワカブト

2007ファーストで初参戦。強さ100、アタックタイプ。肩書きは「沖縄の熱き風」。必殺技はパー、「(スーパー)ウチナートルネード」。

なお、カブトムシのトルネードスローが自分を中心に回転する技なのに対し、ウチナートルネードは相手を中心に回転する技である。

新甲虫王者ムシキングには2016 2ndより参戦。階級はN。肩書き、必殺技は旧作と同じ。

関連タグ

関連記事

親記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました