ピクシブ百科事典

オプションハンター

おぷしょんはんたー

コナミのシューティングゲーム『グラディウス』シリーズに登場する敵。『グラディウスII』から新たに追加。その名のとおりオプションを攫っていく。
目次[非表示]

概要

グラディウス』シリーズに登場する敵のひとつで『グラディウスII』から追加された。(MSX版『沙羅曼蛇』にはオプションハンターの祖先といえる敵がいた)
基本としてオプションを4つ装備した状態で一定時間(一部例外あり)経つと、警報音とともに自機後方(画面左端)に現れしばらく自機と高さを合せるように動いた後自機に向かって直進し、自機またはオプションに触れると追従するオプション含めて攫っていく。基本として破壊不可能な敵であるが、自機に対する攻撃判定はないため触れても1ミスにはならない。(自機に触れた場合はオプション4つすべて攫われる)
シリーズによっては破壊可能なものや動き方が異なるもの、攻撃すると撃ち込み点が入るもの、ラスボスの前座としてワラワラとお出迎えしてくれる連中などいくつかバリエーションがある。


ちなみに、『グラディウスIII』ではオプションを1つでも装備しているとオプションハンターが登場する嫌な仕様となっている。更にSFC版ではオプションハンターにアーケード版より嫌な仕様が実装されている。その辺はとりあえずお察しください
逆にファミコン版『グラディウスII』ではオプションを4つ装備していてもオプションハンターは登場しないので安心して4つ装備が可能となっている。
『グラディウスリバース』ではなんとラスボス戦で尋常ではない数のオプションハンターがオプションをかっさらっていく。 ・・・あれ?なんか某STG完結編でのラスボス戦と似てなくね?

何が厄介か

オプションという自機と同じ攻撃をする無敵の分身が少なくなったり、居なくなったりするためプレーヤー側の火力が必然的に落ちることになり、またオプションがあるからこそ攻撃できる場所の攻撃もできなくなるため、進行が不利になったり窮地に陥ることになる。また、敵の攻撃を避けながらオプションハンターを避けるのは困難であり、1ミスする危険性が高くなる。

逆手に取った戦法

ゲームシステム上、オプションの数に応じて敵の攻撃の激しさが変わることを利用してオプションをわざと攫わせて難易度を下げたり、またオプションを4つ装備するタイミングを見計らって避けやすい場所に登場させるという戦法がある。
また、『グラディウスIII』以外では装備するオプションを3つまでに留めておいてオプションハンターを登場させないという戦法もある。

関連タグ

コナミ グラディウス グラディウスII
みんなのトラウマ STGにおけるトラウマの一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「オプションハンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8545

コメント