ピクシブ百科事典

カナディアン・バックブリーカー

かなでぃあんばっくぶりーかー

プロレス技の一つ。別名カナダ式背骨折り。
目次[非表示]

概要

バックブリーカーの一種でアルゼンチン・バックブリーカーと並んで有名。
技の創始者はカナダプロレスラー、ユーコン・エリック・ホルムバック。もともと木こりであった彼は、作業中に丸太をかつぎあげる体勢をそのままプロレス技に応用したという。

後にブルーノ・サンマルチノが絶対的な必殺技として用いたため、広く知れ渡るようになった。ディック・ハットンもこの技を用い、力道山からギブアップを奪った実績がある。

ほかの使い手には坂口征二ストロング小林豊登矢野通アンドレ・ザ・ジャイアント吉江豊がおり、ハットンを除いてはパワーファイターが使う技として認知されている。

この技の体勢から後方に投げるとサンダーファイヤーパワーボムの要領で落とすとサンダーファイヤーパワーボムになる(いずれも大仁田厚の得意技)。大仁田は全日本プロレス時代カナディアンをよく用いており、その応用をしたといえる。

アルゼンチンバックブリーカーと比べると派生技が多い。

掛け方

がぶりの体勢から、相手の胴を両手をクラッチして相手の背中が肩にくるようにして担ぎ上げる。クラッチは解かずに、そのまま上下に揺さぶることで背骨を反らせてダメージを与える。

関連項目

カナディアンマン

pixivに投稿された作品 pixivで「カナディアン・バックブリーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298

コメント