ピクシブ百科事典

アルゼンチン・バックブリーカー

あるぜんちんばっくぶりーかー

プロレス技の1つで別名『アルゼンチン式背骨折り』、もしくは『人間マフラー』。スポーツ記事などでは中点をつけられないことが多い。
目次[非表示]

概要

バックブリーカー系の技の一種で、最もメジャーなバックブリーカー技としてお馴染みである。この技の創始者はアルゼンチンのプロレスラーのアントニオ・ロッカ。ロッカがエアプレーン・プレスという技を掛けようとした際、掛けられた相手が暴れて逃げようとした時に相手が仰向けになり、ロッカが相手を固定しようと顎と腿つかんだところ、その相手がギブアップしたというアクシデントから生まれた技である。

カナディアンバックブリーカーと並んでパワーファイターがよく使用する。

掛け方

自分の肩の上に相手を仰向けに乗せ、顎と腿を掴み、自分の首を支点とし相手の背中を弓なりに反らせる。
なお、見た目からして豪快なサブミッション技であるが、掛ける側にも負担がかかるため意外と使い手が少ない。

主な使い手

アントニオ・ロッカこの技の創始者
タイガー・ジェット・シンこの技でアントニオ猪木からギブアップを奪っている。(1975年のNWFヘビー級選手権試合で)
坂口征二同じくバックブリーカー系の技のカナディアンバックブリーカーシュミット式バックブリーカーの使い手でもあった。
中西学中西の代表的なフィニッシュホールドの1つで、この技で1999年のG1クライマックスを優勝した(相手は武藤敬司)。また、派生技やバリエーションもある。更にタッグマッチの際、助けに来た相手パートナーに投げつけることもある。一時期カナディアンバックブリーカーとハイジャックバックブリーカーも使用していた。
ロデリック・ストロングこの技の他にカナディアンバックブリーカーなど各種バックブリーカー系の技を得意としていることからミスター・バックブリーカーとも呼ばれる。
ジョジョの奇妙な冒険花京院に化けたラバーソールが「ココナッツバックブリーカー」という技名で使用。
キン肉マンロビンマスクが「タワーブリッジ」という技名でフィニッシュホールドにしている。
KOFラルフ・ジョーンズクラーク・スティルが使用。相手を掴み高く放りあげ、落ちて来たところをアルゼンチンバックブリーカーで受け止めるスーパーアルゼンチンバックブリーカーを使用。クラークは連続で仕掛けるウルトラアルゼンチンバックブリーカーを超必殺技として使用。
レジー・ベネット女子プロレスラーでは珍しい使い手。サイドスープレックスの体勢から一気に担ぎ上げる。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「アルゼンチン・バックブリーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54790

コメント