ピクシブ百科事典

カルマ(妖怪)

かるま

フィンランドに伝わる伝承に登場する人間の内臓を食い尽くしてしまう恐ろしい妖怪。

概要

フィンランドの伝承に伝わる“死体の臭い”を意味する名を冠する妖魔

大御所の解説によれば、生温かい嫌な臭いの風と共にどこからともなく現れて人の寝込みを襲撃するとされ、人に襲いかかる時は自らの首を外して煙の様な姿となって鼻の穴から体内へと侵入し内臓を食い尽くす。
なお、襲われた人物は骨と皮ばかりの死体となって発見されるといわれている。

関連項目

西洋妖怪

関連記事

親記事

西洋妖怪 せいようようかい

兄弟記事

コメント