ピクシブ百科事典

キマイラ(魔物娘図鑑)

きまいら

キマイラとは『魔物娘図鑑』に登場する魔物である。
目次[非表示]

概要

魔術によって複数の生物を組み合わせて造り上げられた合成獣。
獅子」「」「山羊」「」の四種の特徴を持つ個体が多いが、三種や五種によるキマイラ、マンティス人魚のパーツを持つキマイラも存在する。
もともと自然界に存在した種族では無いが、魔王の代替わり以降は、人間の女性が転化し得る魔物娘の一つとなっている。

合成された生物の特徴を兼ね備えるだけでなく、バフォメットの如く高い魔力と知能を備え魔術の使用が可能。
それぞれの頭、部位が持つ能力は合成元よりは若干劣るものの、それでも多頭による手数の多さは強力である。

もう一つの大きな特徴として、合成された生物の数だけ別個の人格を持つ。知識や記憶は共有された上で、それぞれが異なる特徴を持っており、状況に応じて使い分ける事ができる。
それは男性を求める際にも遺憾なく発揮される。知識や記憶が共有されているためか、一つの人格が男性に惚れると、他の人格も同じ人物に惚れてしまう。
一つの人格で男性と結ばれても他の人格は満足せず、むしろ欲望と衝動が喚起されることとなり、結果その男性は全ての人格ぶんキマイラと交わり続けることになる。

関連タグ

キマイラ

外部リンク

魔物娘図鑑「キマイラ」の頁

pixivに投稿された作品 pixivで「キマイラ(魔物娘図鑑)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2699

コメント