ピクシブ百科事典

グラウベ・フェイトーザはブラジル出身の空手家、K-1GP2005準優勝。戦慄のブラジリアンキック。194センチ。

フランシスコ・フィリオ同様に極真空手ブラジル支部に入門、極真空手世界大会で8位。

1998年K-1参戦ベルナルドにKO負け、2000年フグやミルコに判定負け、2002年マーティン・ホルムにKO負け、中々顔面パンチ有りのK-1ルールに対応できなかった。

しかしフィリオやセフォーとの猛練習によってボクシングとディフェンス技術の向上により、2004年頃から活躍し始める。

2005年GPで史上初の「リザーバーから代理出場で」決勝進出し準優勝、以降GPでは06年ベスト4・07年ベスト8になっている。

ブラジリアンキックでは先輩のフィリオより得意技である。

関連記事

親記事

格闘家 かくとうか

兄弟記事

コメント