ピクシブ百科事典

グレープ君

ぐれーぷくん

グレープ君とは、埼玉県の東武動物公園で飼育されているフンボルトペンギン。とある出来事がキッカケで、一部では「二次元に恋したペンギン」とも呼ばれている。
目次[非表示]

概要

東武動物公園で飼育されているフンボルトペンギン。性別は雄。
名前の由来は、個体識別のために左羽に付けられた紫色のバンドから。

性格は非常に甘えん坊とのことで、かつて足を怪我した際に飼育員みんなから優しくされたことが忘れられないのか、元気になってもエサである魚を自力で捕ろうとせず、飼育員に口元まで運んで食べさせてもらっているらしい。

1996年4月生まれの21歳(2017年5月時点)。
ペンギンとしてはかなりの高齢で人間に換算すると80歳程である。そのため、一部では「グレープおじいちゃん」「グレープ爺」などとも呼ばれている。

フルルに恋?

彼が話題になったのは2017年4月、メディアミックス作品『けものフレンズ』とのコラボレーション企画の一環として、作中に登場する「フレンズ(動物をモチーフにした女の子のキャラクターたちの総称)」のイラストパネルが、園内のそれぞれの動物がいる各エリアに設置された。

その中で、フンボルトペンギンをモチーフにした「フルル」のパネルは、グレープ君たちの居るペンギンエリアのド真ん中に設置された。以来、グレープ君はフルルのパネルをしげしげと見つめたり、近くに寄り添って離れなくなるなどの反応をみせるようになった。

同エリア内にはグレープ君以外にも複数のフンボルトペンギンがいるが、こうした反応を見せたのは彼だけであり、このことが観覧客の間で話題となり、SNSをはじめとするネット上で「二次元に恋したペンギン」として取り上げられるようになった。アニメ版でフルルの声を担当した築田行子も自身のTwitter内で彼の写真に触れ「フルルモテちゃってる♡」とコメントした。

なお、彼がこのような行動に至った理由は諸説あるが、同園の飼育員である山田氏(以下やまだおにいさん)曰く「高齢で視力が衰えているため、パネルを飼育員と勘違いしている」とされている。

しかし、群れから離れて一羽きりでパネルに寄り添う姿や、一時柵を隔ててフルルから遠ざけられても尚彼女に視線を向ける姿など、こうした彼の「一途な恋」とも見て取れる行動に感化されるファンも多かったようで、Pixivにおいても両者を題材にしたイラストが数多く投稿されている。とくにフルルとのコンビ・カップリング系のイラストが大半を占める(とうぶどうぶつこうえんコンビ)。

悲しい過去

こうした彼の人気を受けて、同園では5月20日に前述の築田行子をゲストに招きトークショーが行われた。その中で、グレープ君の現在に至る経緯がやまだおにいさんにより語られた。

グレープ君はもともと東京都の羽村市動物公園で飼育されていた個体であり、2007年に東武動物公園にペンギン舎ができたことを機に、奥さんのミドリと一緒に引っ越してきた。
そう、彼は子持ちの妻帯者だったのだ(子供は別の動物園にいる)。

一般にフンボルトペンギンは一度つがいになった夫婦は終生連れ添うものとされているのだが、その3年後、なんとミドリはペンギン舎の他の若いオスに乗り換えて子供を作ってしまい、更に2017年現在両者ともまだ同じペンギン舎に住んでいる
それからというものグレープ君は群れに混じらず一人でポツンとしていることが多くなったらしい。一体、彼はいかなる心境で日々を送っているのだろうか……

ネットではこの情報が伝えられるや「二次元に逃げるのもやむなし」「幸せになって欲しい」など、彼を憐れむ声が広がったのであった。

関連イラスト

フルルと、あのペンギン
紫バンド君とフルル


フルルとグレープ君
「きゅうあい」



まさかのフレンズ化!?

グレープ君
グレープ君にサンドスターを付けた結果


グレープちゃん



関連タグ

ペンギン フンボルトペンギン
東武動物公園
フルル / フンボルトペンギン(けものフレンズ)
とうぶどうぶつこうえんコンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「グレープ君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 529960

コメント