ピクシブ百科事典

ケートー

けーとー

ケートー(Κητώ)とはギリシャ神話の海の危険性、恐怖、未知の生物の女神。
目次[非表示]

概要

ケートーとは海の持つ危険性恐怖未知の生物女神で、ガイアポントスの子で、ギリシャ美術では下半身がであらわされる。
ケトとも呼ばれる。兄弟にはネーレウス、タウマス、ポルキュス、エウリュビアがいる。
兄の海の怪神ポルキュスと交わり、ゴルゴングライアイ3姉妹の母となった。
異聞ではエキドナスキュラセイレーンの母とも言われ、子は全てギリシャ神話の怪物となっている。

なおペルセウスアンドロメダを助けるために倒したクジラの怪物は、ケートーからとられたケートス(ケタス)という名で伝わっており、同一視されることもある。

創作での扱い

ピューロス帯でヒュダトスとデルピュネを一定数討伐すると登場するNMである魔蛇の女王。
レアアイテムとして「ケートーの爪」を落とす。

『絶対防衛レヴィアタン』ケートー


CV:笹本菜津枝
竜の鍵尻尾亭のマスターで、いつも店を滅茶苦茶にされてしまう不幸体質。

関連タグ

ギリシャ神話 女神 ポルキュス
クジラ クラーケン UMA

関連記事

親記事

ギリシャ神話 ぎりしゃしんわ

兄弟記事

コメント