ピクシブ百科事典

コキュートス(グラブル)

こきゅーとす

コキュートスとは、グランブルーファンタジーに登場する星晶獣の一体である。
目次[非表示]

概要

「サァ・・・足掻イテミセロ・・・!」 

 討滅戦イベントに登場する星晶獣の一体。氷で出来た身体で胸の肋骨が露出し結晶が埋め込んでおり、下半身は四足になって、ケンタウロスのようになっている。討滅戦の他、パンデモニウムに「オリジン」がおり、天司に関係がある可能性を持つ。
 討滅戦おなじみの喋る星晶獣だが、イフリートと違い早口ではない。その代り口数が他と比べて少なく、登場時、撃破時に喋らない。というかOD突入時と奥義時にしか喋ってくれない。死者の管理者は黙して語らずという事なのか。


 召喚効果は攻撃力アップ。雪原の真ん中で胸を光らす演出はかなりカッコいい。

強さ

連続攻撃を面白いくらいにぶつけてくるだけで大きな強さは感じられないかもしれないが、一度でもOD時に奥義を放たれたら最後、ロシアンルーレットが始まる。「ジュデッカ」は全体攻撃の後、攻撃アップとトリプルアタック確率アップを永続付与するという自己強化が起きる。その上げ幅はえげつなく、毎ターントリプルアタックで通常の3倍以上のダメージをうけるくらいにイメージしてくれるといい。だが、同時に暗闇も永続付与してしまう為、トリプルアタックであろうと当たらなかったら当然無駄打ちになるけど当たったら大惨事。EXならHPが150万程度なのでできれば火力で押し切る編成で行きたいところ。ちなみにマニアックでは半分切ったあたりでジュデッカが特殊行動で起こるため、どう足掻いてもロシアンルーレットには参加せざるを得なくなる。更にHPを削るとジュデッカの強化で必中必殺の奥義と化した「トロメア」も飛んでくるため、一瞬で形勢を逆転される危険性も。

ゼノ・コキュートス


「我ニ楯突ク者、尽ク氷獄ノ樹氷トナレ…」
 完全上級者イベント「撃滅戦」にて登場した、六道の力を宿した「ゼノ」シリーズの一角。撃滅戦イベントの番手である(最初はイフリート続くニ番手だったが、時期変更によって四番手になった)。
 元々怪物っぽい体型がさらに進化し、ドラゴンっぽく見える。下半身にも顔…というより別の生物になっており、「ダンテ」という名前が付いている。本体のHPが半分切ると吹雪を引き起こす。露出の肋骨も体内に収まり、胸のど真ん中に結晶がある。上半身は竜人っぽくなり、ガチムチ胴体に角、長い首と大きい翼になる。口数はやっぱり少ない。


強さ

 変なデバフや即死攻撃によるせめて崩しはほとんどせず、自己強化による超火力を以って正々堂々に勝負してくる。最初はアンティノラによる敵対心上昇と呪いを使用し、カイーナで氷結状態にするが、これと言った厄介な行動はない。純粋に連続攻撃でこちらを叩き潰していく。ダンテが増えた分削り合いに手間が増えたため、手こずれば手こずるほど強力な通常攻撃で此方を冷凍してくるので持ち得る火力を全力でぶつけて行こう。



 ちなみに、六道とは仏教用語。仏教版天国と地獄(とその中間世界いくつか)の事である。この六道にあてて考えられているのか、討滅戦のボスはソースの宗教や神話が違えど、そのほとんどが天国もしくは地獄に関わりのある存在が多い。彼の元ネタはキリスト教であり、仏教にかすってすらいないが、討滅戦メンバーの中では地獄に一番かかわりがある。というか彼は地獄そのもの
 キリスト教の地獄に置いて最も重い罪「裏切り」を為した人間はコキュートスに落とされ、絶望の氷原で最大で永遠の苦しみを味わう。必殺技の「アンティノラ」「トロメア」「ジュデッカ」はコキュートスを流れる川の名前。ジュデッカの川の真ん中ではサタンさんが神の子裏切ったあいつ等をカミカミしている。ちなみにゼノの時に現れる「ダンテ」とは地獄ぶらり旅こと「神曲」を記した人。勿論作中でコキュートスにも訪れている。

関連タグ

グランブルーファンタジー グラブル 星晶獣 コキュートス

コロゥ ウォフマナフ イフリート(グラブル) ディアボロス(グラブル) サジタリウス(グラブル) ケルベロス(神撃のバハムート) フェンリル(神撃のバハムート) 討滅戦仲間

地獄 神曲 

pixivに投稿された作品 pixivで「コキュートス(グラブル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 731

コメント