2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

概要


原作版
スフォルツェンド魔法兵団に所属する単騎遊撃兵の少女。職業(分類)は「魔闘家(まとうか)」という(この世界独自の職業で)魔法・法力を使う武闘家。特に法力を使った接近戦を特技としている。

愛称はコルネット。クラーリィの実妹であり、唯一の肉親。
外面は可愛らしいが、その実性格は(兄の妹バカが爆裂してしまった影響で)破綻しており、思い込みが激しい。魔族一歩手前もしくは吐き気を催す邪悪一歩手前なほど心はドス黒い。しかし肝心の兄は妹のそんなザマに対しては、妹バカを全力で発揮して目を曇らせてしまい、取り返しのつかない事(後述)になるまで気付く事は無かった。
ハーメル一行に合流したのはフルートの魔法の指導員としてだが、真の目的はフルートを抹殺してハーメルとくっつく事。

職業に魔闘家を選んだのも気に入らない奴を問答無用で殴って排除できるからという理由に集約される。

フルートが回復魔法に目覚めたため御役御免となり、クラーリィと共にスフォルツェンドに戻るが、ハーメルを諦めきれず黒魔術に手を出し始める。
最終的には黒魔術を使用中の事故で魔族化してしまい、ギャグパート史上最大の敵となる。
一時はスフォルツェンドの城内で暴走してホルンを人質にとるが、クラーリィに涙ながらに倒されたことにより魔気が消滅。
魔族化する前からの生来の邪心も消え、完全な真人間になる。が、その後もちょっとした拍子に体が魔族化したりしている。

その力はギャグ補正も手伝って絶大なものと化し、あのヴォーカルすらも唖然とさせ、大魔王と化したギータを倒すほどの破壊力がある「聖母殺人伝説(ジェノサイド・エクストリーム)」というビームを放つ。
10年後のエピローグではアニメ版の影響なのか何故かトロンと結婚しており、ダル・セーニョで王妃として暮らしている。
10年後も変わらず心優しい性格のままだが、年に一度の発作でやっぱり魔族化してしまい、その度トロンがシーザースラッシュで倒して元に戻しているようである。ちなみに続編である『シェルクンチク』では息子のティナーを産んで一子の母親になっている……のだが、年に一度の発作は相変わらずで、我が子にはこれを理由に深いトラウマを刻んでいる。さらには原因をかつての「北の大戦」での副作用だとごまかしてしまったため、ティナーがグレート(ハーメルとフルートの息子で大魔王の因子を強く受け継いでしまった子)を逆恨みする原因となった。

アニメ版
CV:西村ちなみ

原作版と比較すると、彼女が一番キャラクターが変わっており、アニメ版での彼女は完全なシリアスキャラ。性格も随分大人びており、戦いに参加する事も多い。
15年前の第一次スフォルツェンド大戦で両親はともに死去。ネッド兄妹の唯一の肉親であった魔法兵団近衛師団長であるレシクは、部下らと共に素性を隠し、スタカット村の長老と村民として、女王ホルンの娘フルートの護衛及び、育成の任務の為、長年離ればなれになっていた上、魔族の襲撃によりそのまま死亡してしまう。その為、フルートは自分たち兄妹から祖父を奪った存在だと認識し、憎しみの感情を抱いていた。少しずつだが、その認識を改善しようと努力はしている。やがてトロンと接近してゆき、恋心を抱くようになる。トロンとコンビを組む事が多い。

原作版ではフルートより、2歳年下の13歳だが、前述の通り、15年前に両親が死亡しており、その時の回想シーンで赤子のコルネットを抱く幼少期のクラーリィの描写がある為、明言はされていないがアニメ版では、フルートと同じ15歳、若しくは少し上の年齢だと思われる。

名前の由来は金管楽器の一種であるコルネット

関連タグ

ハーメルンのバイオリン弾き
クラーリィ・ネッド フルート(ハーメルンのバイオリン弾き)

ぶりっ子 悪墜ち ギャグキャラ ギャグ補正
悪の敵 最凶

関連記事

親記事

ハーメルンのバイオリン弾き はーめるんのばいおりんひき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コル・ネッド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コル・ネッド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3428

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました