ピクシブ百科事典

トロン・ボーン(ハーメルンのバイオリン弾き)

とろんぼーん

『ハーメルンのバイオリン弾き』に登場する騎士王国ダル・セーニョの王子。
目次[非表示]

CV:坂本千夏(ドラマCD版)、小島朋子(アニメ版)
タグとしては「トロン」で投稿されていることが多い。

概要

 『ハーメルンのバイオリン弾き』の登場人物で、魔法大国スフォルツェンドと同盟を結ぶ騎士王国ダル・セーニョの若き王子。年齢は10歳。血液型はB型。名前の由来は金管楽器のトロンボーン。通称「トロン坊」。

 目の前で故郷と両親を魔界軍王に滅ぼされ、敵を討ち王国を再建するべくたった一人で旅路に付いていた時に、ハーメル一行と出会い仲間になった。父から受け継いだ必殺技「シーザー・スラッシュ」を持つ。
 生意気加減が鼻につくマセガキだが、精神的にまだ幼く泣き虫で怖がりな一面を持つ。中盤では操られた父親の亡骸と戦わされるが辛くも勝利を納め、以降は自ら戦う場面が増えていった。

 また、一旦ダル・セーニョに帰郷するためパーティを離脱し、両親の形見である計4本の剣を受け継いだ。
 合流した際に魔界軍王の一人であるサイザーが仲間になっていることに困惑し、彼女を殺そうとするが後に和解した。

 北の都での最終決戦では両親の敵であるギータを倒すと共に、絶望していた北の都の人々に希望を与える。9年後のエピローグでは彼らを王国の国民として迎え入れて王国の再建を果たし、メインキャラクターの中で最も精神的に成長した人物の一人となった。
 また、なぜかコルネットと結婚しており、年に一度魔族化の発作を起こした彼女を倒して元に戻している。

アニメ版

 ハーメルを父親の敵と狙うが、後に考えを改めて和解する。コルネットと出会い、彼女と接近するにつれてハーメル一行とは別行動を取るようになった。
 最終的には王国を再建してコルネットを王妃に迎え、殆どがバッドエンドを辿ったメインキャラクターでは唯一ハッピーエンドを迎えた。

関連イラスト

らくがきトロン
ハメるん!


トロン・ボーン
トロン王



関連タグ

ハーメルンのバイオリン弾き トロン トロン・ボーン ショタ
ハーメル ライエル サイザー フルート コルネット 
シェルクンチク
トロコル

コメント