ピクシブ百科事典

ゴーストリック・スケルトン

ごーすとりっくすけるとん

LEGACY OF THE VALIANTで登場した闇属性・アンデット族の下級モンスター(遊戯王カードWiki)。
目次[非表示]

カードテキスト

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1200/守1100
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついた
モンスターが存在する場合のみ、
このカードは表側表示で召喚できる。
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
また、このカードがリバースした時、
自分フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの数まで、
相手のデッキの上からカードを裏側表示で除外する。
「ゴーストリック・スケルトン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

概要

死神を連想させるような鎌を持った下級モンスター。ただ、焦るあまり顎がはずれてしまう、コミカルなところもある。

リバースした際に、デッキから少数のカードを裏側表示で除外する、特殊なライブラリアウト効果を持っている。
ニードルワームなどと比べると単体でデッキを削られる枚数が少なくなりがちだが、裏側表示での除外のため、相手に利用されるリスクが少ない。その代わり、強制転移などのコントロール転移との相性はよくないため、送り付けを主体とした戦術をする場合は悪魔の偵察者メタモルポットなどのほうが向いている。
また、ぜいたくな悩みではあるが、裏側表示での除外の場合、相手に利用されるリスクは少ないが、こちらから除外したカードを通して情報を得るのも難しいため、その点にも注意が必要。

リミット・リバース悪夢再びなどの恩恵は受けられないが、ダーク・バーストなどを通して再利用を図ることは一応可能。

純正のゴーストリックでは、ライブラリアウトに繋げられる程の速度がないため、このカードを複数投入するのであれば、ある程度ライブラリアウトに重点を置いた構築にするか、終焉へのカウントダウンなどの勝ち筋を通すための囮役として起用することになると思われる。

関連タグ

効果モンスター
ゴーストリック

外部リンク

遊戯王カードWiki - 《ゴーストリック・スケルトン》

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴーストリック・スケルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 290

コメント