ピクシブ百科事典

シャンバリーレ

しゃんばりーれ

シャンバリーレとは、マメ科フェヌグリーク属の植物である。

概要

主にハーブ香辛料に使われる植物で、60cmほどにまで成長し、黄色か白い花を咲かせた後に細長い豆果を付ける。日本名ではフェヌグリーク(fenugreek)。シャンバリーレという名は主にイランで使われる。

日本の市販のカレー粉には大抵入っているため、ほとんどの日本人が名前は知らなくとも口にしたことがあり、またその香りを嗅いだことのあるものとして認識できる。
スパイスの名前として「メッチ」「メティ」(「メッチシード」「メティシード」)とも呼ばれる。

日本では漢方薬「胡廬巴(ころは)」としても知られ、滋養強壮、解熱剤としても使われてきた。
特に、インドや中近東では催乳作用を持っていると考えられており、授乳期の女性が食べる習慣がある。

関連イラスト


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「シャンバリーレ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75231

コメント