ピクシブ百科事典

CV:勝生真沙子

概要

神羅カンパニー兵器開発部門統括を務める中年女性。
キャハハという高飛車な笑い方が特徴。(FF7Rでは見られなくなってしまったが)

兵器開発者としては優秀だが、人格面は問題の多い人物。
自己中心的で暴力的なところがあり、機嫌が悪いと神羅兵を恫喝・暴行したり、マスメディアの質問にも暴力で答えたりしている。
拷問の話になると乗り気で話に加わろうとするなど、サディストであることを隠そうともしない。
リメイク版では椅子に腰かけつつ、四つん這いにさせた兵士の背中を足置きとして利用している描写もある。

人命軽視は宝条と大差ない所があり、自らが作った兵器が結果を出せば味方に被害が出てもまったく意に介さない。
実際、リメイク版ではマテリアを利用した新兵器の実験中、イレギュラーによる暴走が発生した途端、何の指示も出さずにさっさと部屋を退出し、残された研究者達が暴走事故に巻き込まれようとも何の反応も見せなかった。
ぶっちゃけ、兵器開発者以外の部門ではハイデッカーとどっこいどっこいの無能の塊であり、そんなのが現場で自らの兵器を活躍させるために味方を巻き添えにするような作戦を平気で出すので、下としてはたまったもんじゃない上司。

バレットの故郷、コレル村への魔晄炉建設誘致にも関わっており、爆発事故の発生後には責任を村人たちに押し付け、反勢力掃討と称して村を焼き払い、崖から落ちかけた親友を助けようとしたバレットの腕を機関銃掃射で打ち抜いて腕の機能を奪った。
このため、バレットにとっては故郷を直接的に崩壊に追いやった敵でもある。

容姿は悪くないようだが年齢のことはそれなりに気にしているらしく、劇中ではそこをティファ・ロックハートに突かれ、ビンタの張り合いに発展した。

治安維持部門統括のハイデッカーとはバカにしつつウマが合うのか行動を共にすることが多い(ケット・シーは「ガハハとキャハハ」とセット扱いしている」)。
最終的には、自らが作った最強の兵器であるプラウド・クラッドにハイデッカーと共に乗り込んでクラウド達に挑んで来るが、敗退した事による大破に巻き込まれて、二人纏めて死亡する。


外部リンク

リメイク版公式サイト内キャラ紹介

関連記事

親記事

神羅カンパニー しんらかんぱにー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカーレット(FF7)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83817

コメント