ピクシブ百科事典

ルクレツィア・クレシェント

るくれつぃあくれしぇんと

ルクレツィア・クレシェントとは、RPG「ファイナルファンタジー7」及びコンピレーション作品に登場する人物である。

概要

身長163㎝
誕生日7月22日
血液型B型
CV夏樹リオ(コンピレーション作品)


星の生命の循環を研究していた、元神羅科学部門のA級研究員。
ヴィンセントの想い人であり、セフィロスの実母。

ヴィンセントの父グリモア博士の助手を務めたのち、ジェノバ・プロジェクト(古代種再生計画)に参加した。護衛役のヴィンセントと親しくなるも、彼の求婚を断って宝条と一緒になり、自身と宝条との間に身籠った胎児(セフィロス)を実験に提出した。

本編には登場せず、ヴィンセント関連のサブイベントでのみ登場する。出産後に心身に変調をきたして死ねない体となってしまい、山中の滝の裏のほこらにこもり、己が身を水晶に封印した状態で息子の身を案じ続けている。一度会話したあと、二度目に訪れた際にヴィンセントの最終武器と究極リミット技を入手できるが、ルクレツィアは姿を消しており、その後の消息は不明。

コンピレーション作品「ダージュオブケルベロス」では宝条の実験により瀕死となったヴィンセントの命をカオスを宿して繋ぎ止めたことやグリモアの死の原因が自分にあったためヴィンセントの求婚を断ったという描写がされている。また、「あの子に会わせて!」と宝条にせまるシーンがある。ロストエピソードでは彼女から誘ってヴィンセントと踊るシーンや研究ばかりしていてたまに自分を見失いそうになる時、ヴィンセントが自分の元を訪れることを感謝しているシーンがある。
 
「ダージュオブケルベロス」は、ヴィンセントがルクレツィア(あるいはルクレツィアの断片を持つシェルク)の導きによりカオスを制御し、ルクレツィアの研究を悪用してオメガを復活させ、星を殺し宇宙に旅立とうとする宝条を止め、星を救う物語である。

ヴィンセントは彼女について「彼女は……昔から一方的だ……。それに……思いこみも激しい」と語っている。また、「ガスト博士(エアリスの父)の助手ガスト博士の助手。美しい……ルクレツィア」と説明している。「……見ているだけだった……彼女を止めなかった……そして……それが罪……だから、これは……与えられし……罰……」というヴィンセントのセリフからヴィンセントの背負う罪は彼女の悲劇が原因になっていることがわかる。

関連タグ

ファイナルファンタジー7 FF7 FFVII ダージュオブケルベロス DCFF7 FF7DC
セフィロス ヴィンセント・ヴァレンタイン 宝条 シェルク・ルーイ ジェノバ

pixivに投稿された作品 pixivで「ルクレツィア・クレシェント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9284

コメント