ピクシブ百科事典

スペランツァ・グエルフィ

すぺらんつぁぐえるふぃ

漫画『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)』の登場人物
目次[非表示]

GUNSLINGER GIRL』の最終話のみに出てくる人物
15巻特装版の表紙の女の子

タグとしては「スペランツァ」が多く使われている。
ちなみに【スペランツァ(speranza)】はイタリア語で「希望」を意味する言葉。

概要

アメリカ合衆国カルフォルニア州でママと二人で暮らす金髪ボブおかっぱ)に褐色の肌碧眼女の子
クローチェ事件の担当検事をしていたロベルタ・グエルフィの娘

いわゆるギフテッド(天才)で、飛び級で大学院に通っている。

医者を目指していたのだが、同じ大学の人文学部に通うドイツ人青年フーゴ・ミュラーとの出会いで、人生は大きく変わる。



『時々思うの 生きる道は産まれた時から決まっていたように』


『世界には今も確かに希望がありますよ』



関連イラスト

スペランツァ



メガネはどうやら情報端末のようである。
「アイウェア」というカタカナ書きで称されていたが"eyewear "そのものがメガネを指すため、おそらくは”i-wear"などアップル系の呼び名であろう。

画像投影は今研究されているウェアラブル端末のような網膜レーザー照射ではなく、このレンズ面に液晶テレビのように写す描写となっている。
(なお、2018年時点で、レンズ面をディスプレイとして用いる端末自体は存在し、映画館で聴覚障害者向け字幕サービスなどの目的で貸し出されたりしている。ただし流石にメガネのフレームやツルの部分に全てを押し込むことはまだ不可能で、別にスマートフォン程度の端末があり、データや電力はそこからケーブルで送られているものにとどまる)

イタリア出身である生母・ロベルタからはアメリカの食生活での栄養面を懸念されているのか、昼食を撮影しメールで送るよう釘をさされている。撮影・送信はこのアイウェアを使う。
が、そこは天才であると同時にお子様であり、カメラの死角に予めアイスを用意しておき送信後直ちにパンケーキにトッピング、嬉々として食べだすというおちゃめなシーンもある。


ネタバレ

以下ネタバレ











の色、第98話「ハルトマンの手紙」のエピソードから、とある人物の娘だとされている。
(米国法では州にもよるが遺伝上の親が実親となる)
ただし本編で明確に示されている訳ではないので、そうではない可能性も存在する。

電撃大王に最終話が掲載された時と最終巻が出た後、ファンの間では、スペランツァの親(特に父親)について色々議論されたが、本編で明かされている訳ではないので決着がつかず、結局謎のままである。
今では、最終話に関する謎については、
「読者の一人一人が、それぞれが好きなように想像すれば良い」
と言うことで落ち着いているようだ。





関連タグ

ガンスリンガーガール
スペランツァ
ジャック・オー・ランタン カボチャ

pixivに投稿された作品 pixivで「スペランツァ・グエルフィ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3057

コメント