ピクシブ百科事典

スレイユ星人ラミア

すれいゆせいじんらみあ

スレイユ星人ラミアとは、ウルトラマンコスモスに登場する宇宙人である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:地球人と同じ
  • 体重:地球人と同じ
  • 別名:超銀河星人
  • 出身地:スレイユ星
  • 演:ベッキー

概要

第25話「異星の少女(ひと)」に登場。
将来スレイユ星の脅威となる惑星抹消のために派遣されて来た調査員。基本的にポーカーフェイスで感情を変えることは少ない。スレイユ星は軍事力を持たない惑星だったが、他の星からの攻撃で文明が崩壊したためスレイユ星の脅威となる可能性がある惑星を調査し、危険と判断した場合は即抹消という現在の強硬な形をとるようになった。

防衛軍戦闘機からの攻撃を受けたUFOが発射したカプセルの中に入っており、医療基地のカワヤ医師に保護されて目覚めた。
町に出た彼女は上空を飛び交う戦闘機や町を進む戦車を目撃し、さらに自分に絡んできた不良達がスレイユ星のロボット兵器グインジェのコントロールボックスを取り上げ、取り返そうとしたカワヤに暴行を振るった事でこの惑星は汚染されていると認識。グインジェを起動させ暴れ回らせた。

しかし先ほどまで自信を痛めつけていた不良達が怪我をしているのを目撃し、助けに行ったカワヤの姿を見る。不良達から謝罪を受けコントロールボックスを返してもらったものの直後に自信を侵略者だと一方的に糾弾する防衛軍の石井隊員の銃撃を受けるが、庇ったカワヤが怪我をしてしまう。そこでグインジェに石井を襲わせようとしたがウルトラマンコスモスに止められ、他者を庇いあう彼らの姿を理解できずにいたラミアは自分は間違っていたのかもしれないとグインジェのコントロールを解除。

「信じる」という言葉の意味を理解し、再び宇宙へと帰って行った。

関連項目

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣 グインジェ わんぱく宇宙人ピッコロ・・・・こちらも偶然地球に来て、攻撃的な地球人に怒りを覚えて暴れた宇宙人

コメント