ピクシブ百科事典

ソブレロ

あすぴなのしんがた

正式名称「X-SOBRERO」。アーマードコア for Answerに登場するフレームパーツの総称である。
目次[非表示]

開発経緯

リンクス戦争でジョシュア・オブライエンが駆るホワイト・グリントを投下し、多大な成果を収めたアスピナ機関であったが、FRS(専用制御システム)の開発元であったアナトリアが凋落したこと、その際にジョシュアを失ったことから実機の必要性に迫られ開発された。
開発に際してオーメル社の協力を得ており、機動性・空力特性を限界まで重視した結果、正面からは細く、横からは平べったいという異形のフォルムを持つ。
機動性は非常に高く、それこそVOB装備時の直線機動に匹敵するほどの出力をたたき出すほどではあったが、限界を突き詰めたことで、装甲をはじめあらゆるものが犠牲となっている。
また、極端な制御負荷の大きさもあり、作中における搭乗者CUBEをはじめ多くのリンクスを再起不能にしてきたという。

フレーム

実験機ということもあり、パーツ名の頭に「X」がつく。PA性能と空力に優れるが、防御と安定性は高くない。

XHD-SOBRERO:

空力を重視した、一本角が特徴的な頭部パーツ。安定性に難がある。

XCR-SOBRERO:

正面から見るとT字型に見える、X-SOBREROを象徴するコアパーツ。PA性能が全コア中でもトップクラスに位置する。

XAM-SOBRERO:

腕部として機能しうるかどうかすら怪しいまでの省略がなされた、前腕部中最軽量のユニット。
精度、反動制御共に大きく問題を抱えるが、背面武器に特化した構成であれば一考に値する。

XLG-SOBRERO:

かなりの高重心と、板状のデザインが特徴。安定性が低く、特化した戦術を要求する。

XGN-SOBRERO:

オーメル社から供与された実験パーツ。軽量でEN出力が高いが、PA供給が低くPA性能が生命線となるX-SOBREROとの相性はよくない。

XKRB-SOBRERO:

アサルトアーマーに特化したOBパーツ。OB性能を犠牲に、アサルトアーマーの威力に特化しており、アサルトアーマーを主軸にするアセンで重用される。

このほか、メイン、サイド、バックブースター、FCSはライールのものが使用されている。

使用者/使用機体

CUBE/フラジール(カラードランク17):唯一、X-SOBREROをすべて使用する。パイロットのCUBEは職業傭兵ではない。
ジュリアス・エメリー/アステリズム(ORCAランク3):頭部を使用。ジョシュアの再来といわれる才女。
プロジェクト・マグヌス:V.I.シリーズオリジナルのAC。脚部のほか、ボーナスパーツとして頭部もセットで同梱されている。

関連タグ

アーマードコア ACfa
・・・機体を正面から見た時の形からついたスラング。
逆流王子・・・CUBEの台詞からついたあだ名の一つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ソブレロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94

コメント