ピクシブ百科事典

ソードワールド2.5

そーどわーるどにいてんご

テーブルトークRPG「ソード・ワールド2.0」のバージョンアップ版。
目次[非表示]

ソード・ワールド2.0」のバージョンアップ版。2018年から発売。
主な舞台はアルフレイム大陸に移ったが、「2.0」のテラスティア大陸と同じラクシアの中にあり、「2.0」と「2.5」ではデータの互換性がある。

アルフレイム大陸は、テラスティア大陸から遠く離れ、異なる歴史を歩んできたため、いくつかの違いがある。

  • 大陸北端に、魔界と接続した“奈落”がある。
  • “奈落”から飛び散った“奈落の魔域(シャロウアビス)”が出現するため、対処する組織として冒険者ギルドが誕生した。
  • 北半球にあるので季節や太陽の向きをあまり気にしないでよい。

システム

「2.0」と同じく、キャラクタークラスを個別に取得して作成し、ダイスロールは「基準値+2d」で判定する。

主な変更点

  • 大陸が異なることによる、種族、信仰できる神格、生息するモンスターの一部入れ替え。
  • 支援専用に「フェロー」が誕生した。HPが存在せず攻撃を受けないが、PCと座標を共有する必要がある。
  • おそらくソロプレイ対応に、一撃で行動不能になる魔法に大幅な制限が掛かっている(寝てしまう【スリープ】を眠気の差す【ナップ】に入れ替えるなど)。
  • 強すぎたり弱すぎたりしたデータの手入れ。片手銃2丁のショットガンなどが不可能になった。
  • 名誉点の利用法が一部変わる。二つ名を買うルールが無くなり、冒険者ギルドのランクを上げられるようになった。


種族

アルフレイム大陸で使用できる種族は、テラスティア大陸とは一部異なる。

  • 人間

  • エルフ
「2.5」では[剣の加護/優しき水]に毒・病気への抵抗ボーナスが付いた。

  • ドワーフ

  • タビット

  • ルーンフォーク

  • ナイトメア

  • リカント
アルフレイム大陸に固有の種族。肉食獣の耳と尻尾を持ち、頭部を獣の形に変える[獣変貌]で暗視と筋力ボーナスを得る。身体能力が高く、知力もやや高めだが、精神力が低めで、[獣変貌]するとリカント語しか発声できなくなるため、戦士系向き。

  • リルドラケン(ルールブックII)

  • グラスランナー(ルールブックII)

  • メリア(ルールブックII)
植物から進化した種族。外見は人型だが、身体の目立つところに花が咲いている。身体能力が低めだが、生命力と精神力が高めになるため、丈夫な魔法使いとして運用できる。[繁茂する生命]で睡眠が不要なため、寝なくても毎朝MPを回復できるが、任意のタイミングで寝て回復させることはできない。

  • ティエンス(ルールブックIII)
人間とアストレイド(天使系の魔物)を合成したという種族。人間より大柄で、金属質の色をした髪と、体表に現れた宝玉が特徴。[通じ合う意識]で声に出さずに思念をやり取りできて、騎獣に応用すると判定にボーナスを受ける。

  • レプラカーン(ルールブックIII)

技能

アルケミストが基本ルールブック入りしている。テラスティアでは一度失われた技能であるが、アルフレイムでは失われずに存続した。

戦士系技能

  • ファイター
  • フェンサー
  • グラップラー
  • シューター


魔法使い系技能

  • ソーサラー
  • コンジャラー
  • プリースト
  • マギテック
  • フェアリーテイマー(ルールブックII)

6系統の妖精の中から4系統を選択して契約するようになった。

その他系技能

  • スカウト
  • レンジャー
  • セージ
  • エンハンサー(ルールブックII)
  • バード(ルールブックII)

通常の呪歌で楽素を溜めて、終律でダメージや回復効果を放てるようになった。終律は精神効果が無効の相手にも通用する。

  • ライダー(ルールブックIII)
  • アルケミスト(ルールブックIII)

戦闘特技

一部変更を受けている。射撃武器と射撃魔法の誤射防止が《ターゲッティング》にまとめられる、《魔法拡大/種別》を1つ取れば次に《魔法拡大すべて》を取れるようになったなど。

関連タグ

ソードワールド2.0/ソード・ワールド2.0

pixivに投稿された作品 pixivで「ソードワールド2.5」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1451

コメント