ピクシブ百科事典

ゾロメカ

ぞろめか

ゾロメカとは大型メカから大量に登場する小型メカのことである。

概要

ゾロメカとは大型メカから大量に登場する小型の攻撃メカのことで、主にタイムボカンシリーズ第2作『ヤッターマン』に登場するビックリドッキリメカを指す。ヤッターマンがヤッターワンをはじめとするヤッターメカにメカの素を与えることで各メカの中から大量に作られ、敵ドロンボーメカに対して破壊工作を行うのがビックリドッキリメカである。
中盤からドロンボー側も対抗してドロンボーゾロメカを出撃させるようになり、ゾロメカ同士で戦うことが多くなった。
シリーズでは他に『ゼンダマン』のサポートロボアマッタンが組み立てるシステムメカ、『ヤットデタマン』の敵キャラコケマツが呼び出すコケマツ闇の軍団、『イタダキマン』が呼び出すゾロゾロメカがある。『怪盗きらめきマン』でもトッタルニャンが尻尾からゾロメカ(名称不明)を射出、『夜ノヤッターマン』ではゴロー将軍
ヤッターパグにメカの元を与えてビックリドッキリメカを出現させていた。

他作品でもこのように大型メカが出撃させる小型のメカをゾロメカと指すが、ほとんどが敵メカである。
(『忍者戦隊カクレンジャー』のゴッドガンマーが射出するガンマーダイナマイトのような例外もあるが)
メカでなくても怪獣や怪人が小型の分身や体内の寄生生物を攻撃用に使役する場合もゾロメカ扱いされることもある。

関連項目

ヤッターマン ビックリドッキリメカ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾロメカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22598

コメント