ピクシブ百科事典

ツィツィミトル

つぃつぃみとる

ツィツィミトル(Tzitzimitl )とはアステカ神話で始祖の母と呼ばれる神格。
目次[非表示]

概要

アステカ神話において始祖の母ともいわれる星や夜を司る女神で、助産婦や経産婦に崇拝されていた。
また、太陽と敵対しておりしばしば攻撃を仕掛けて日食を引き起こし、人々に犠牲を強いる神であると恐れられていたという。
日食のときに見える星々は彼女の象徴であり、髑髏のような顔で交差した骨のスカートを身に付け、その下からはが生えているという恐ろしげな姿で描かれており、アステカを征服したスペイン人には悪魔であるとされた。

ケツァルコアトルの化身であるともいわれる風の神エエカトルが、天上に住むツィツィミトルの娘もしくは孫娘である処女神マヤウェルを地上に呼び、地上で絡み合って樹木になったことに激怒して、その樹木を粉々にしてしまったと伝わる。
その破片は眷属のツィツィミメによって喰われてしまったが、生き残ったエエカトルがマヤウェルの骨を地面に撒くとマゲイ(リュウゼツラン)となり、プルケテキーラの原料となった。

創作での扱い

ツィツィミトル【模写】


初出は『ソウルハッカーズ』で、種族は魔王。髪の代わりに珠を持っているたくさんの腕が頭に生え、体の中は宇宙になった女性姿で登場した。
ペルソナ2』では頭の腕は一本になったが、『』においては須藤竜也に奇書「イン・ラケチ」を書かせるための電波を送った星の魔人の名としても登場している。

関連タグ

アステカ神話 アステカ アステカ文明 
女神 日食

関連記事

親記事

アステカ神話 あすてかしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ツィツィミトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185

コメント