ピクシブ百科事典

ツチグモの怪童子と妖姫

つちぐものどうじとひめのかいじんたい

ツチグモの童子と姫の怪人態の名称。

「「鬼さんこちら。手のなる方へ…」」

概要

仮面ライダー響鬼』一之巻「響く鬼」、二之巻「咆える蜘蛛」に登場。

ツチグモを育てる役割も持つ童子と姫怪人態

本編にて登場した個体は本来ツチグモが発生しないとされる鹿児島県屋久島地方(洋館の男女実験の一環、あるいはオロチ現象の前触れとされるが真偽のほどは不明)において出現したツチグモの世話をしており、縄文杉を目指してツチグモのハンティングフィールドに迷い込んだ子供に襲いかかり、から吐き出す強靭な蜘蛛の糸でがんじがらめにした後に呼び寄せて餌として与えていた。

主な戦力は上記にある通り、口から吐き出す強靭な粘着性の蜘蛛の糸で、これを使って敵を絡めとるほか、移動手段として用いており、に吹き付ける事でターザンを使って木々を移動するような感じで移動していた。

また、両腕蜘蛛を思わせる鋭い状に変化させて武器としても用いることができ、これを使って響鬼背中を切り裂いている。

ツチグモのハンティングフィールドに迷い込んだ安達明日夢従兄弟の千寿に襲いかかった際、偶然その場に居合わせて駆けつけたビビキと戦闘になり、一之巻で、怪童子は鬼幻術・『鬼火』で焼き払われ焼死。その隙に妖姫は逃亡した。

後日、ヒビキを探して再びへとやって来た明日夢に襲いかかるが、駆けつけた響鬼にまたしても邪魔されてしまい吹っ飛ばされた所へ、呼び寄せていたツチグモが空腹を堪え切れずに餌と誤認して襲われてしまい擬態していた山小屋に引きずり込まれて食い殺されてしまった…。

関連項目

ツチグモの童子と姫 怪童子と妖姫 ツチグモ(魔化魍) 仮面ライダー響鬼 土蜘蛛 蜘蛛

pixivに投稿された作品 pixivで「ツチグモの怪童子と妖姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166

コメント