ピクシブ百科事典

ツメバケイ

つめばけい

爪羽鶏。雛の翼に2本の爪があり、樹上を移動するのに利用する。

本種のみでツメバケイ目ツメバケイ科ツメバケイ属を形成する。
爪羽鶏。

アマゾン川とオリノコ川流域のマングローブ林などに、10~20羽ほどの群れを作り棲息する。
雛は翼に2本の鉤爪があり、外敵が来ると巣から飛び出し、この爪と嘴、脚を使い、枝を伝って巣の外に移動する。あるいは巣の下の水中に飛び込んで翼を使って泳ぎ、敵から逃れる。潜水も巧みで水草の間などに隠れ、敵が去ると木を登って巣に戻る。
翼の鉤爪から始祖鳥の生き残りと言われた事もあったが、樹上での活動に適応した二次的な形質であり、爪は孵化後2~3週間で抜け落ちる。

全長60~70cm、体重700~800g。

成鳥も飛翔能力は弱く、巧みにバランスを取りながら樹上を歩いて移動する。地上に降りる事は滅多にない。
体の上面は褐色の地に白い縞模様があり、下面は赤黄色。大きな翼とぼさぼさした羽毛、目立つ冠羽、太く頑丈な嘴と脚を持つ。顔面に青い皮膚が裸出し、虹彩は赤色。
サトイモ科の樹木やヒルギダマシ類などの肉厚の葉を常食。嗉嚢が全内臓の3分の1を占めるほど大きく、食べた葉を一時的に蓄えるのみならず、砂嚢のように内臓壁が厚くなっていて食物を擂り潰す。消化管内のバクテリアによりセルロースを分解してエネルギーを取り出している。
体臭は牛の糞のような悪臭で、滅多に食肉として利用される事はない。

繁殖期は雨季で、水面に張り出した枝の上に小枝を組んで皿状の巣を作り、雌雄で抱卵・育雛する。雛は親の口に頭を突っ込み、半消化の木の葉をもらって成長する。

形質上は似た種がなく、長らく分類が目レベルから確定していなかったが、近年のDNA分析ではフラミンゴ目やカイツブリ目に近縁という結果が出た。


関連タグ

鳥類

pixivに投稿された作品 pixivで「ツメバケイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント