ピクシブ百科事典

トゥンナン

とぅんなん

スウェーデン空軍のジェット戦闘機サーブ29の綽名
目次[非表示]

概要

スウェーデン空軍のジェット戦闘機、サーブ29に現場兵士が与えた綽名。「トゥンナン」はスウェーデン語で「」のこと。

経緯

1944年、スウェーデンジェット戦闘機開発のためのJxR戦闘機計画が始まり、サーブ社でデ・ハビランド社(イギリス)製ターボジェットエンジン「ゴブリン」を搭載する直線翼機J29が設計された。
1945年、「ゴブリン」後継の、より強力な「ゴースト」が使用できる事になり、また、スイス経由で後退翼に関するドイツの先進的な研究データが入手され、J29はそれらを取り入れて再設計される事となった。
1948年9月1日、J29が初飛行。1951年より量産が開始され、スウェーデン空軍に就役した。
戦闘機型のJ29の他、攻撃機型のA29、偵察機型のS29も開発され、1956年までに661機が生産された。
1958年頃から後継機のJ32ランセン」に順次更新され、1961年から中古機体の一部をオーストリア軍が購入し、1972年まで運用した。

1961年よりコンゴ動乱へ計11機が派遣され、国連軍で地上攻撃と偵察任務にあたった。

特徴

第二次世界大戦中にフォッケウルフ社が開発していたTa183(未完成)に似た、太く短い胴体に後退角25度の主翼を中翼配置している。
エンジンは「ゴースト」をボルボ社でライセンス生産したRM2。
第1世代ジェット戦闘機としては性能的に優れ、1954年に500km区間での977.35km/hの速度記録を樹立した。
固定武装として機首にイスパノスイザHS.404 20mm機関砲4門を配置し、翼下にRb24空対空ミサイル(AIM-9Bサイドワインダー」のサーブ社によるライセンス生産品)2基を懸下。

関連タグ

サーブ 第1世代ジェット戦闘機

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥンナン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3770

コメント