ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ナウエル

なうえる

南米に生息する猫科大型肉食獣の一種を指す現地名。または、第二次世界大戦時にアルゼンチン陸軍で正式採用された南米諸国唯一の制式戦車である。
目次 [非表示]

名称編集

チリ中南部からアルゼンチン南部にかけて居住するマプチェ族の言葉で「ジャガー」や「ピューマ」を総称する単語。本稿ではこの名前を与えられたアルゼンチンの戦車について解説する。

発音について編集

スペルはNahuel。スペイン語発音ならナウエル英語発音ならナヒュールとなる。


概要編集

時代背景編集

 中南米諸国は近代戦の直接的な参加経験がなく軍備力の近代化が課題となっていた。1939年に勃発する第二次世界大戦で直接戦闘に参加しなかったものの、多くの国が連合軍ドイツ軍側に立って宣戦を布告した。連合軍側に立った諸国には米国から兵器が貸与・供与がおこなわれ軍備力の近代化および拡充に大きな影響を与えた。

そんな中、アルゼンチンは自国にて生産数こそ少ないが中戦車の試作を行っていた。

開発編集

 設計にはアルゼンチン陸軍のショー大佐とアルフレード中尉が深く関わったと伝えられており、生産された中戦車は米国のM4中戦車に似たスタイルをしているが、各部機構の設計自体はアルゼンチン独自のものとなっている。

鋳造砲塔にクルップ社製30口径75mm砲を搭載し、当時欧州で戦っている各国戦車と比較しても劣るところのない中戦車であった。


末路編集

完成した中戦車は「ナウエル DL43」と命名された。ナウエルの意味は前述の通り、DLは「ライオンの牙」を意味し、43は完成年の1943年に由来する。「牙の無いライオン」というアメリカからの嘲りに対する、アルゼンチンの意地を感じさせる命名だった。

しかし生産コストを考慮した結果、米国から供給されるM4中戦車を使用した方が安上がりだとして、16両が生産されたのみに終わった。


pixivでのイラスト編集

2020年6月現在、「ナヒュール中戦車」タグでの投稿を合わせても投稿数は一桁(6枚)である。

秋山優花里生誕祭2019秋山優花里生誕祭2020


関連タグ編集

戦車 TAM

秋山優花里:「好きな戦車」として名前を挙げている

関連記事

親記事

中戦車 ちゅうせんしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1522

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました