ピクシブ百科事典

ハイタカ(鳥類)

ちょうるいのはいたか

鳥網タカ目タカ科ハイタカ属の鳥の一種。

概要

全長:雄31.5㎝ 雌39㎝

鳩程度の大きさの森林性の猛禽。
雄は背面が暗青灰色で腹面には褐色の横縞、雌は背面が灰褐色で腹面の横縞が細かい。
低空を飛び、樹木の間を素早くすり抜け、主に鳥類や昆虫類を捕食。
本州以北で繁殖し、冬季に一部が冬鳥として温暖地へ移動する。

日本では江戸時代に鷹狩りに使われ、鷹匠には「上物」と評価された。御鷹行列を組む際も、ハイタカを拳に乗せた鷹匠頭が一番先頭を歩いた。

関連タグ

 猛禽類 タカ科 

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイタカ(鳥類)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17

コメント