ピクシブ百科事典

バヤジット

ばやじっと

バヤジット(Beyazit)はアラブ・ペルシャ・トルコで一般的な男性名。ここではカトウコトノによる漫画作品『将国のアルタイル』の登場人物を解説する。
目次[非表示]

概要

カトウコトノによる漫画作品『将国のアルタイル』の登場人物CV:内山昂輝
トルキエ将国を中心として大トルキエを形成する「四将国」の一つ・ムズラク将国将王(スルタン)バラバンの将弟(ベイオウル)。
ムズラク将国の最東端でルメリアナ運河に面した港の町(リマン)で聖官(ウレマー)を務めていたことから、「聖官のバヤジット(ウレマー・バヤジット)」と通称される(ただしアニメでは「太刀持ちのバヤジット(シラーフタール・バヤジット)」となっている。「ウレマー」が特定宗教に関わる語ゆえの配慮と思われる)。

「兄上以上に愛した人など、この大陸のどこにもいません」

人物

プロフィール

生年月日トルキエ暦48年/帝国暦424年10月18日
身長180cm

初登場時26歳。

経歴

ムズラク将国第2代将王ウスマンの次男として生まれる。バラバンにファトマがいる(いずれも母は同一人物)。
ムズラク将国最東端の港の町(リマン)で聖官を務める傍らで「耳役(クラック)」となり、ザガノスの私設密偵網「目と耳(ギョズ・クラック)」に参加。
親トルキエ派のアイシェがバルタ将国を逃れて保護を求めてきたことをきっかけに、彼女ともどもバラバンから離反する。
トルキエ暦75年8月末の奇岩の町(アカイプ)会戦では、幻の武器「東弓(シャルクヤイ)」を用いて活躍、自らの手でバラバンを討ち取った。
四将国内乱終結後はムズラク将国第4代将王として即位する。
トルキエ暦76年に花の都(フローレンス)共和国で開かれた反帝同盟会議では、ザガノスとともにトルキエ代表として出席する。

性格・信条

穏やかで物腰柔らかな親トルキエ派の青年。ムズラク将国の港の町(リマン)の聖官(ウレマー)を務める関係で、異国の事情や文物にも詳しい。
「耳役(クラック)」を務めていることから、スレイマンザガノスと一定の交流があったと思われる。
協定を渋っていたブチャク将国の第45子イスマイルを味方に引き込むなど、交渉は巧みで、周囲からの信頼は厚い。
バラバンのことを深く敬愛・補佐していたが、最終的には反トルキエの姿勢を露にしバルトライン帝国と結んだ彼を見限ることになる。

エピソード

  • 幻の武器「東弓(シャルクヤイ)」は、極東の巡礼者が港の町(リマン)の水の社殿に奉納したもの。バヤジットが聖官を務めていた関係で彼の手に渡ったが、戦後は破却した。
  • 兄の愛した飼い虎「赤髭(アル・サカル)」を受け継ぎ大切に飼っているが、バヤジット自身は赤髭に監視されているように感じている。
  • 趣味は書道。


関わりのある人物


関連タグ

将国のアルタイル

pixivに投稿された作品 pixivで「バヤジット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17395

コメント