ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

将国のアルタイル

しょうこくのあるたいる

カトウコトノによる長編漫画。戦略・アクション要素の強い異世界ファンタジー作品である。
目次 [非表示]

概要

カトウコトノによる長編漫画作品。第41回講談社漫画賞少年部門を受賞。

月刊少年シリウス』(講談社)で2007年9月号から17年間にわたって連載され、2024年1月号掲載の第162話で完結した。単行本は25巻まで刊行中(2024年1月現在)。


特徴

トルコ史・ヨーロッパ史に取材した重厚な世界観

作者が大学在学中にトルコ史を学んでいたことから、作中に登場する人物・国家群・事件は、オスマン帝国神聖ローマ帝国ローマ帝国ヴェネツィア共和国等、地中海周辺諸国の歴史から着想を得たものが多い。

宗教的要素の省略

物語の舞台となるルメリアナ大陸では、キリスト教イスラム教やそれに準ずる宗教は存在せず、代わりに五首信仰(エルミズム)という架空の宗教が広く信仰されている。五首信仰は五種類の精霊を信仰対象としているが、深刻な宗教対立を引き起こすほどのものではない緩やかなものである。そのため、個人や国家の行動原理が宗教に依拠せず、純粋な政治・経済的動機に基づくのも本作の特徴の一つである。

フルアナログ作画

近年では珍しいフルアナログによる作画も特徴として挙げられる。特に作中に登場する重要な建築物ランドマークは、実在の史跡や自然景観を模して緻密に描かれている。


あらすじ

架空の世界・ルメリアナ大陸にあるふたつの大国――トルキエ将国バルトライン帝国

緊張状態にあった両国は、やがて大陸全土を巻き込み戦乱の渦に呑み込まれていく。

平和を願ってトルキエ将国の将軍(パシャ)となった主人公・犬鷲のマフムートは、国家間に渦巻く陰謀と策略に立ち向かう。


主な登場人物

年齢は1話(トルキエ暦75年4月3日)時点。

史上最年少の17歳でトルキエ将国の将軍となった天才少年。12年前のバルトライン帝国との戦争で母と一族を失い、平和を強く願う。鷲のイスカンダルを相棒とし、ルメリアナ大陸各地を奔走する。

央海(セントロ)に面した小都市国家ポイニキア市長アポロドロスの息子。17歳。権力におもねる父を嫌っている。スレイマンの誘いを受け、ポイニキアの「耳役(クラック)」を務める。マフムートと行動を共にする。

央海有数の商業都市国家・海の都(ヴェネディック)のブレガ商会私兵隊長。28歳。物腰は柔らかいが、海の都ではその名を知らぬ者はない武人。マフムートと行動を共にする。

トルキエ将国の密偵網「目と耳(ギョズ・クラック)」を整備・統括する長官。33歳。マフムートと同じトゥグリル村出身で、カテリーナという名の鷲を相棒としている。


トルキエ将国

「将軍(パシャ)」と呼ばれる為政者たちによって統治される遊牧民族国家。徹底した能力主義社会。「大将軍(ビュラク・パシャ)」を筆頭に、軍事・政治を司る中心となる「十三人の将軍(ヴェズイール)」は特に功績と人格の高潔さを要求される。

交易が盛んな商業国家であり、ルメリアナ大陸のなかでも指折りの経済大国である。拡張政策をとるバルトライン帝国は不倶戴天の敵であり、幾度も戦火を交えている。


トルキエ将国の「十三人の将軍」の一人で、将軍会議(ディワーン)の実力者。26歳。対バルトライン帝国強硬派。冷厳な性格で政治・策謀に長けており、内外から恐れられている。

トルキエ将国の「十三人の将軍」の一人で、マフムートの養い親。68歳。穏健派で多くの人々から慕われている。


バルトライン帝国

皇帝ゴルドバルト11世を統治者とする帝国主義国家。歴史上何度も領土拡張政策を繰り返しており、そのたびに多くの小国家を併呑してきた。近年、ルイが筆頭大臣に就任してからさらなる領土拡張の動きが目立っている。

広大な国土と多くの人口を有するルメリアナ大陸屈指の大国だが、戦争に明け暮れたために財政は逼迫しており、その貧しさを打開するために更に侵略を繰り返す悪循環に陥っている。


バルトライン帝国筆頭宰相。帝国の勢力拡大を狙い、周辺諸国に様々な謀略を仕掛ける。

バルトライン帝国エルルバルデスブルクを統治する女傑。26歳。皇帝ゴルドバルト11世の姪であり、皇位継承権は第3位。

レレデリクの側近。25歳。


その他


テレビアニメ

2017年7月から12月まで連続2クールでMBSTBSBS-TBSアニメイズム枠とBSNにて放送された。


8月には世界陸上の関係で休止が多かった(アニメイズムは3週分休止)が、世界陸上が終了した翌週に第6話・第7話を1時間枠扱いで連続放送、その後には通常スケジュールに戻った。

余談だが、アニメイズム枠においてアニプレックスが製作に関与した作品は本作が最後となっている。



スピンオフ作品

『小国のアルタイルさん』

漫画ソガシイナ。全1巻。小さくなったマフムートたちが『月刊少年シリウス編集部に住み着いたという設定で繰り広げられる、ゆるふわスピンオフ。


『将国のアルタイル嵬伝 嶌国のスバル』

原作:小林裕和、作画:カトウチカ、監修:カトウコトノ

将国のアルタイル』のスピンオフ作品。『月刊少年シリウス』(講談社2016年3月号~2019年6月号にかけて連載、完結済。単行本全7巻。

『将国~』本編において、ルメリアナ大陸東端の小国「日薙嶌国」は大国「大秦(チニリ)」によって征服されたと語られている。しかし10年の時を経た後、日薙嶌国皇位継承者・楠昴皇子(くすのきすばるのみこ)と彼を支える近衛府大将・明浪速布叉(あけなみのはやぶさ)を中心とした反乱軍が決起し、祖国を奪還すべく大秦の支配に立ち向かっていく。

『将国~』本編で起こった歴史的事実が展開に影響を与えるほか、『将国~』キャラクターの関係者が登場する。


関連動画


関連タグ

カトウコトノ 講談社 月刊少年シリウス

中東風ファンタジー 架空戦記


アニメイズムB2

ベルセルク 次篇(2017年春)→本作(2017年夏秋)→キリングバイツ(2018年冬)


外部リンク

TVアニメ「将国のアルタイル」公式サイト

pixivコミック

ニコニコ漫画

関連記事

親記事

月刊少年シリウス げっかんしょうねんしりうす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1972099

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました