ピクシブ百科事典

スレイマン(将国のアルタイル)

しょうこくのあるたいるのすれいまん

カトウコトノによる漫画作品『将国のアルタイル』の登場人物。
目次[非表示]

カトウコトノによる漫画作品『将国のアルタイル』の登場人物CV:小西克幸
トルキエ将国に属し、ザガノス密偵網「目と耳(ギョズ・クラック)」の長官(バシュカン)を務める。
主人公マフムートと同じくトゥグリル族の生き残りで、その伝統に従い犬鷲のカテリーナを使役する。黒い翼を持つカテリーナを従える姿から「黒翼のスレイマン(カラ・カネット・スレイマン)」と呼ばれる。

「俺は……目と耳の長官になった時から、戦争と戦争をしてるんでね」

人物

プロフィール

生年月日トルキエ暦41年/帝国暦417年11月13日
身長198cm

初登場時33歳。

経歴

マフムートと同じトゥグリル村出身のトゥグリル族であり、犬鷲のカテリーナを相棒としている。
花の都(フローレンス)共和国で当時大統領を務めていたジョバンニ・デ・オルシーニに鷹匠として仕えた。
トルキエ暦63年/帝国暦439年、バルトライン帝国の侵攻により故郷のトゥグリル村が潰滅したことを知ると、オルシーニ家を辞去。各地を放浪するうちに当時14歳だったザガノスと出会い、「私は5年後に将軍(パシャ)になる」「その時あなたが生きていればあなたが今望んでいるものをくれてやる」と告げられる。
トルキエ暦67年/帝国暦443年、宣言通り18歳で将軍となったザガノスはスレイマンに私設密偵「目と耳(ギョズ・クラック)」の設立を持ちかけ、スレイマンはこれに応じた。以後数年にわたって各地を旅し、「目役(ギョズ)」「耳役(クラック)」の整備を進める。
マフムートとはかつての一族の故地であったイェニ・トゥグリル村に近い鳥柱山で出会い、以後協力することになる。

性格信条

失った故郷に対する無念の思いが強く、自分の手の届かないところで悲劇を起こさないようにすることを生きがい・やりがいとして「目と耳(ギョズ・クラック)」を整備する。
軍を率いて行動することはないものの、優れた戦士である。同族のマフムートからは「先輩(ベイ)」の敬称で呼ばれ兄貴分のように慕われる。
社交的で話術が巧み。ファッションにも敏感で、女性にもてる。
かつて花の都のオルシーニ家の鷹匠として、また「目役(ギョズ)」「耳役(クラック)」勧誘のために世界中を回った経験から、非常に顔が広い。彼がスカウト・統括する耳役は王族から市井の老婆まで幅広い。
犬鷲の使役についてはマフムート以上に造詣が深いほか、耳役との通信用に伝書鳩を多数飼育している。
首都・金色の町(アルトゥン)ではザガノスの執務室に出入りしている様子が描かれる。

エピソード

  • 花の都共和国で大統領を務めるカテリーナ・デ・ロッシは、花の都滞在時代の恋人である。スレイマンが相棒の犬鷲の名を「カテリーナ」にしていたことから偶然彼女との親交を得た。


関わりのある人物


別名・表記ゆれ

スレイマン:こちらのタグは別作品の登場人物で使用している為、マイナス検索の観点からこちらのタグの使用は推奨しない。

関連タグ

将国のアルタイル

コメント