ピクシブ百科事典

マフムート

まふむーと

カトウコトノによる漫画作品『将国のアルタイル』の主人公。
目次[非表示]

物語の主人公トルキエ将国最年少将軍(パシャ)。CV:村瀬歩
出身部族であるトゥグリル族伝統に従って犬鷲イスカンダルを自在に使役するため、「犬鷲のマフムート将軍(トゥグリル・マフムート・パシャ)」と通称される。

「私を切って最悪の事態を避けられるなら、私は死んでもかまいません。トルキエは私がしたいと望んだことを私にさせてくれました」

人物

プロフィール

生年月日トルキエ暦57年/帝国暦433年6月1日
身長165cm

初登場(第1話)時17歳。

経歴

トルキエ将国の辺境、トゥグリル族の集落であるトゥグリル村に生まれる。
5歳でトルキエ将国-バルトライン帝国間の戦争に巻き込まれて一族と母を失い、その後大都市のカリル将軍(シェヒル・カリル・パシャ)に養育される。
12歳で武術試験を主席で通過した後、新兵学校(セラーム)に入学。1年の訓練を経て各地で経験を積み、17歳で将軍(パシャ)の地位に昇る(トルキエ将国史上最年少)。

物語序盤で将軍を降格され千人隊長(ビン・バシュ)となるも、四将国の内乱を鎮圧した功績で将軍に復帰。
その後外事局長に就任し外交活動に取り組むほか、天上(チェロ)州総督を経て帝国侵略軍副将に据えられるなど、外交・軍事・統治に才能を発揮する。

性格

幼時の戦災経験から、可能な限り戦争を回避し平和を希求する強い思いが彼の行動原理となっている。
物語序盤は公人の立場よりも私情を優先させるなど未熟さを露呈する場面が多く、将軍の資格なしと判断されたこともあったが、国内外を旅し策謀に関わることでさまざまな経験を積んでしだいに成長していく。

真面目性格で融通が利かず、女性に迫られると真っ赤になるなどうぶさも垣間見える。

エピソード

  • 5歳で一族を失ったため、放鷲術は独学である。
  • 作中で幾人かから美形と評され、その中性的な容姿を生かして女装することもある。初期は嫌々ながらであったが、以降は胸に詰め物をしたり、キュロスアビリガを巻き込んだりと、割り切ったようだ。

このため、Pixivでは女装姿のマフムートのイラストが投稿されることも多い。

女心のわからない人ですね。


  • とある人物からトルキエ将国希望の星」と称される。作品タイトルに含まれる「アルタイル」とはわし座を構成する一等星である。またその語源「アン=ナスル・ッ=ターイル(アラビア語)」は「飛翔する鷲」を意味し、犬鷲を使役するトゥグリル族のマフムートの暗示であることは明白である。
  • 女性のタイプは「お母さんみたいな人」。
  • 趣味は詩作。原作者曰く「巧くない」とのこと。
  • 好きな食べ物は乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト等)、甘いもの。
  • 最も得意とする武器はイスカンダル、二番目はシャムシール。
  • おしゃれ好きで、着る服もこだわりを持って選ぶ。
  • 見た目は華奢だが戦場に身を置いているため生傷が絶えず、服の下は痛々しいほど傷にまみれている。
  • 優しい人柄ではあるが、政治家としては手段を選ばない所があるため、時折”悪人”と評される。

関わりのある人物


関連タグ

将国のアルタイル

pixivに投稿された作品 pixivで「マフムート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326932

コメント