ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 アニメ版星のカービィの57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」にて登場した。
 チャンネルDDDの新番組「パイで処刑でSHOW」(犯罪を犯すとパイを投げつけられるお仕置きという内容)で馬鹿にされたデデデ陛下が呼び出した魔獣(元はパイを作る料理教室をやっており、デデデが食べる番組になる筈だったが、その時にオーブンから飛び出たパイが彼の顔面に命中した事から周囲からも住民からも笑い者になった。)。
 本来カービィを調教する予定として、彼をパイ塗れにする筈が、見境無く投げつける性格だった。
 しかし、彼の作るパイは(投げることを主眼化して徹底的に開発されていたとはいえ)この世のものとは思えないほど不味く(キュリオ氏曰くコックカワサキの作ったパイより不味い)。、カービィでさえ不味いと感じて吸い込みどころか食べる事を嫌がるほどである。
 だが、パイの専門家としての誇りはあり、「不味い」と言われると誇りを傷つけられたと忽ち怒り出す。
 特にブンエスカルゴンらに「どうせ投げるなら味の方を良くしろ」、「不味いパイは投げるしかない」とボロクソに言われてしまったために怒りのあまり半ば暴走状態に陥り、手当たり次第にパイをばら撒き広場を不味いパイでグチャグチャにしてしまった。
 剰えカワサキの「俺のより不味いんじゃあね」という言葉に反応して更に怒りのボルテージが上昇したのを見てメタナイト卿が呟いた「不味いな……、カワサキの言葉に反応した……!」の「不味い」にまで違う意味にも過剰反応してしまい、メタナイト卿も半ばとばっちりで不味いパイの餌食となってしまった。

メタナイト「ほ、本当に不味い……」

普段はパイの様な姿をしているが、これまでの姿は仮の姿にすぎず、正体を現すと胃袋になる(ストマックは英語で胃袋という意味)。カービィとデデデとエスカルゴンを車ごと飲み込んだが、デデデが「備えあれば嬉しいな(”備えあれば憂いなし”の間違い)」で持っていた爆弾をエスカルゴンの「カービィ吸い込みよ!」の台詞で吸い込み、ボムカービィに変身したカービィに内部から爆弾で爆破されて倒された。

余談

パイを投げている際や爆破間際に「おっぱいぱい」という迷言を残している。主にニコニコ動画で星のフームたんが出てくる公式MADで上記のセリフだけ用いられることが多い。

関連タグ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーストマック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1273

コメント