ピクシブ百科事典

モウ・タクサン

もうたくさん

モウ・タクサンとは、アニメ『星のカービィ』に登場するキャラクター。

概要

CV:斉藤瑞樹
アニメ星のカービィ第92話「ワドルディの食文化大革命」に登場したシェフ魔獣で、アニメオリジナルキャラクター。
食費削減のため、今まで出されていた料理の代わりにコックカワサキの作った超極薄サンドイッチを食べさせられることになってしまったワドルディたち。これに怒った彼らは、ワドルドゥ隊長をリーダーに据えて革命を起こす。この革命を鎮めるために、デデデ大王によってカスタマーサービスから取り寄せられたのが、このモウ・タクサンである。ワドルディたちに自慢の料理を振る舞い忠誠を誓わせ、カービィを攻撃するように仕向けた。

大きな一つ目や長いひげが特徴的な魔獣。話し方も特徴的で、「~アルヨ」「~アルネ」などと語尾に付けてしゃべる(俗に言う協和語(役割語の一つ))。一人称は「私」。ステレオタイプの“中国人”を意識したものとなっている。
得意分野は中華料理。劇中では、シュウマイ餃子春巻北京ダックを作った。
元々は料理専門の魔獣なので、力尽くの戦いにはあまり向いていない(カービィとの対決の一番最後ではお玉で殴りかかろうとしたが、フライパンで一撃されただけであっさり倒された)。同じ料理の得意な魔獣であるムッシュ・ゴーンとは違い、化学物質などを使用した形跡はないことから、料理人としてはまともなようだ。

なお、名前の由来は、中華人民共和国建国の父毛沢東と、もう食べられないということを表す「もう、沢山!」とをかけたシャレであると考えられる。タイトルの「食文化大革命」というフレーズも、1966年に始まった文化大革命をもじったシャレであろうが、革命の話だということ以外、ストーリーには関連性がない。

ちなみにコイツが登場した回は、宮城県北部(鳴瀬町・石巻市周辺)で起きた大規模な地震の影響で本放送が最後だけ途切れている。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「モウ・タクサン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 844

コメント