ピクシブ百科事典

パワーブースター

ぱわーぶーすたー

パワーブースターとは、「爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP」に登場する機能の一つである。
目次[非表示]

『これがバックブレーダーの秘密兵器【パワーブースター】だ!!』

概要


搭載車両はNAアストロレンジャーズが所有するバックブレーダー

加速装置としての役割を持ち、発動させるとマシンを一定時間加速させることができる。その速度はTRFビクトリーズのSDF(スーパーダウンフォース)発動状態のサイクロンマグナムを上回る。
起動は、所有者による【音声認証】か【手動】による方法の二種類。
欠点は【車両に搭載されているバッテリーを大きく消耗してしまう】ことと【障害物がない路面】でないと 最大限に発揮できない。

原作ではバックブレーダーは永久機関があり、走りながら充電されるのでバッテリーが減らず、ある程度走り続けると余ったエネルギーを放出するために加速する。

ゴール前の切り札として使われることが多いが、勝ちが確定するわけではない。上記の制約もあるが、それとは別にアイゼンヴォルフベルクカイザーの必殺走法・「ツヴァイフリューゲル」及び「ツヴァイラケーテ」、ビクトリーズビートマグナムの最高速には劣る。また、ロッソストラーダディオスパーダもスリップストリームを利用して追いついている。

使用者


  • ブレット:ストレートコースでの豪との一騎打ちで音声認証で発動(アニメ版での発動シーンは最新技術が採用されたマシンらしい演出が盛り込まれている)。その後もブレット機はちょくちょく使っている。


  • エッジ:ファイナルステージにて、音声認証で発動。 【サターンフォーメーション】の一段目を担当し、ジョー機とブレット機をスリップストリームを利用して牽引していった。

  • ジョー:同上。 【サターンフォーメーション】の二段目を担当し、エッジ機からの引き継ぎで音声認証で発動させた。

  • ミラー:ファイナルステージ2日目で使用している。

  • ハマーD:原作では烈との勝負で手動で起動させた(が、不整地だったためバランスもめちゃくちゃで本来の力が発揮されなかった)。アニメではロッソストラーダ戦でブレットと使ったが、ディオスパーダにスリップストリームにつかれ、破壊された。

関連タグ

爆走兄弟レッツ&ゴー!! 爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP NAアストロレンジャーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーブースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 296

コメント