ピクシブ百科事典

パープル・ヘイズ・ディストーション

ぱーぷるへいずでぃすとーしょん

パンナコッタ・フーゴが使用するスタンド、「パープル・ヘイズ」が進化したスタンド。

「決断はすませた。それに賭ける!!」

概要

【破壊力 - A / スピード - B / 射程距離 - C→E / 持続力 - E / 精密動作性 - E→C / 成長性 - B→?】

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」のスピンオフ小説「恥知らずのパープルヘイズ」にて、「パープル・ヘイズ」がパンナコッタ・フーゴの精神の成長と共に進化した形態。外見は左程変わりないが、腰に巻いていた布が無くなり、新たに足にも殺人ウイルスのカプセルが付けられた。

成長したことでウィルスの効果をコントロールできるようになったのかと思えばむしろ逆で、ウィルスの凶暴性がさらに増した結果ウィルス同士で共食いし始めるようになってしまった。

そのため全力を出し大量のウイルスをばら撒くほどウィルスが減って効果が弱まり、逆に手加減して少量に抑えるほど殺傷力が増すという”ねじれた”(=ディストーション、英: Distortion)性質を持つ事となった。

これにより敢えて大量に振り撒き共食いをさせれば、至近距離でカプセルを破裂させても自分が死ぬことはなくなった(劇中では口の中で割って吐き出したので流石に口内がズタズタになった)。

制御できないほどの凶暴性が更に増した結果、逆にある程度の制御が可能になったという矛盾を感じる進化となっている。

当然殺人ウイルス自体の破壊力も飛躍的に上がっており、第5部本編では感染から死亡までに約30秒はかかっていたが、今作ではラスボスであるマッシモ・ヴォルペをほとんど一瞬で食い尽くし蒸発させている。

同作では、本編後に組織の新たなボスとなったジョルノ・ジョバァーナは、このパープル・ヘイズがフーゴ本人の意志とは無関係に動く可能性に、本体死亡後も活動したノトーリアス・B・I・Gとの共通点を見出した。
そして仮にフーゴを「裏切り者」として始末したとしても、パープル・ヘイズがノトーリアス・B・I・Gと同じようにスタンドだけが世界に残った場合、多大な悪影響が有り得ると危険視したことが物語のきっかけとなった。
フーゴがパープル・ヘイズ(=自身の凶暴な部分の象徴)への嫌悪と恐怖を克服し成長したことで、スタンドが進化しその危険性は無くなった。ジョルノはフーゴのことをほんの短い付き合いでしか知らなかったが、ブチャラティに信頼されていた男なら出来るという確信があったようだ。

ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル」ではゲージ技でパープルヘイズがこの形態になることができ、GHAは「恥知らずのパープルヘイズ」でマッシモを葬った一連の動作の再現となっている。
続編にあたる「アイズオブヘブン」には登場しない。

関連タグ

関連記事

親記事

パープル・ヘイズ ぱーぷるへいず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パープル・ヘイズ・ディストーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1448

コメント