ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ファントムガオー

ふぁんとむがおー

「ファントムガオー」とは、「勇者王ガオガイガーFINAL」に登場するガオーマシン。
目次 [非表示]

概要

 GGGの次世代型勇者王量産計画『ガオファイガー・プロジェクト』によって開発されたガオーマシン。ファイティングメカノイド『ガオファイガー』の中核となる。エヴォリュダー獅子王凱とフュージョンすることでメカノイド『ガオファー』に変形する。

 ボルフォッグのホログラフィックカモフラージュの発展型である光学ステルス機能「ファントムカモフラージュ」を搭載している。

 試作機を含めて3機が製造されたが、内1機はガイゴー開発へのテストヘッド機として研究班に回されている。残る2機は正式採用機と下記のプロトタイプとなる。


基本データ

 形式番号:F-111


装備

 ファントムリング


ファントムガオー(プロトタイプ)

凱がガオファイガーへのファイナルフュージョンを初成功させた試作機。正式名称は『XF-111 ファントムガオー』だが、区別のためにプロトタイプ・ファントムガオーとも呼ぶ。

バイオネットに奪われた機体がこれであり、メタルサイボーグとのフュージョンの影響を危惧し、後の制式採用機に出番を譲ることに。パーツ取りという理由によりGGGオービットベースの片隅に放置されていた。


記憶を取り戻したアルエットが、もしもの為にと阿嘉松の承認で機体を修復・改良しており、木星圏で猛威を振るう覇界王から脱出した凱の下へと届けられた。



関連タグ

勇者王ガオガイガーFINAL

勇者王ガオガイガーFINALGGG


ガオファイガー

ギャレオン

ジェネシックギャレオン

関連記事

親記事

勇者王ガオガイガーFINAL ゆうしゃおうがおがいがーふぁいなる

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました